八幡平 (2)

標準コースタイム 約2時間30分

茶臼口(登山口)--45分-- 茶臼岳 --25分-- 黒谷地 --40分-- 源太森 --40分-- 見返峠 … 八幡平頂上バス停

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

登山道の整備状況

 前回歩いたとき、黒谷地から源太森へ向かう登山道に、えぐれて歩きにくい箇所があったことを覚えている。ところがあれから12年経て、今は至れり尽くせりという感じに整備されていて、とても歩きやすかった。

えぐれた登山道
えぐれた登山道
石畳
石畳
木製ブロックの木道
木製ブロックの木道

 特に木製ブロックで造られた木道は、傾斜があっても濡れていても滑らず安全なので感心してしまった。

 登山道の必要以上の整備は問題になることもあるが、ハイカーの利便のためだけではなく土砂の流失や踏み荒らしを予防する意味もある。人の手が極力及んでいない道を歩く楽しさもあり、反対に誰にでも歩きやすいように整備されたハイキングコースを歩く楽しさもある。今回は午後からの登山なので時間にあまり余裕がない。歩きやすくなったことは有難い。

ナナカマド 見頃はもう少し先
ナナカマド 見頃はもう少し先

 思っていたようなきれいに色づいた紅葉が見られない。山麓の方が見事だったので、標高が高い場所ではもう終わっているのだろうかと思うと、まだ色づき途中だったり…。数日前に山頂部に雪が降ったそうで、チリチリと枯れかけている葉もあるが、場所によってはこれからなのかもしれない。

登り返す
登り返す
キンコウカの紅葉
キンコウカの紅葉

 安比高原との分岐を過ぎると斜面を登るようになり、再び木道を行くようになる。木道脇の美しいオレンジ色に紅葉している草はキンコウカ。

源太森

〔14:45~15:00〕源太森:見落としそうな脇道をひと登りすると源太森だ。ここも八幡平三大展望地のひとつである。

源太森
源太森
茶臼岳の眺め
茶臼岳の眺め

 12年前の夏はガスって遠望は全くダメだった。今回も曇りで岩手山は霞んでいた。しかし登って来た茶臼岳はよく見えて、反対側に回れば秋田駒ヶ岳まで見えていた。

秋田駒ヶ岳方面の眺め
秋田駒ヶ岳方面の眺め
望遠で秋田駒ヶ岳(一番奥・右)
望遠で秋田駒ヶ岳(一番奥・右)
八幡沼を見下ろす
八幡沼を見下ろす

 山座同定盤を見ると、晴れていれば秋田駒ヶ岳の先に鳥海山が見えるらしい。見下ろした八幡沼と秋色の湿原が美しい。


登山データ

八幡平 標高:1613m

コース最高地点 源太森 標高:1595m

場所 岩手・秋田県境


アクセス

JR新幹線盛岡駅から岩手県北バス約50分 茶臼口下車


山行日 2008/10/05

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP