余計な前書き 新幹線、近鉄線と乗り継いで、湯の山温泉駅に降り立ったのは10時過ぎだった。午後から雨になりそうなので、駅から小1時間ある車道歩きをカットして、タクシーを利用することにした。登山口はガイドブック「ヤマケイアルペンガイド鈴鹿・美濃」には「滝谷不動」となっているが、登山地図「エアリアマップ御在所・霊仙・伊吹」には「岳不動」となっている。タクシーの運転手に滝谷不動と言っても岳不動と言っても首をひねっていた。同僚と相談した結果「あの水を汲む場所のことだろう」ということになった。帰路は歩くつもりなので道順を覚えようとタクシーの窓の外に目を凝らすが、細い道をくねくね曲がるので無理。歩いていたら迷って登山口に行き着けなかったかもしれない。

雲母峰 きららみね

標準コースタイム 約4時間5分

湯の山温泉駅 --50分-- 滝谷不動 --1時間-- 林道終点 --30分-- 雲母峰 --1時間45分-- 湯の山温泉駅

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
滝谷不動
滝谷不動

〔10:30〕出発:到着してみると、確かにお不動様の階段下は湧き水の水汲み場になっていた。タクシーの運転手さんたちのみならず、近隣からも遠方からも水を汲みに来るらしい。折りしも水汲みの最中のご夫婦は、蛇口のホースを持参の物に取替えて、驚いたことに20リットルポリタンク数個にダンボール2箱分のペットボトルの水を汲んでいたのである。湯の山温泉駅の洗面所の水を、湧き水に詰め替えるのを諦めて出発。

 コンクリート舗装の道を登っていくと登山口の道標があった。スギの植林帯の斜面に取り付く。いきなり急な登りである。スギの伐採をした直後なのか、足元はスギの倒木や枝打ちの小枝でうるさい。そのうち登山道が伐採木で覆われて踏み跡を見失ってしまった。ぐるりと見渡して目印の赤テープを探した。いったん斜面を下りてから進むらしいと判断して、沢音が聞こえてくる谷に向かって下りた。トラバースしていく登山道を見つけて安堵。

崩壊気味の箇所
崩壊気味の箇所

 ところが倒木を跨ごうとすればそれを覆う小枝に引っかかり、蜘蛛の巣にかかった昆虫状態でもがく。やっとの思いで登山道に戻った。標高900mに満たない低山なのに思わぬ難行苦行。崩壊気味の箇所もあり、野趣に富んだコースだ。 

〔12:00~12:40〕林道出合:砂防堰提の上の林道に飛び出した時にはすっかりヘトヘトになっていた。山頂までの時間がわからないのでここで昼食にした。車が全く通らない林道の向こうには伊勢平野が広がっているが、曇り空なのでパッとしない眺め。

新緑の林道を行く
新緑の林道を行く

 堰提の脇から再び伐採地の中を登ることになるのだが、下から眺めても枝打ちの小枝で踏み跡も定かでない感じである。もうコリゴリと林道で巻いて登ることに決めた。スギの伐採地と違って広葉樹の新緑が目にまぶしく、谷側は開けていて明るく、うっすらと伊勢平野が見える。

道標
道標
スギ植林地から新緑の尾根へ
スギ植林地から新緑の尾根へ
林道終点部の広場
林道終点部の広場

〔13:20〕林道終点部の広場:快適な林道歩きも長くは続かず、再び伐採地を登って林道の終点部の広場に到着。さらに伐採中の斜面を登る。しかしこの辺りからは登山道はしっかりしてきた。下山してきたご夫婦と出会ったのでしばらく情報交換。

ガスに煙る尾根に上がる
ガスに煙る尾根に上がる
ガスに煙る新緑の尾根道
ガスに煙る新緑の尾根道

 尾根に上がった頃にはすっかりガスが立ち込めてしまった。ガスに煙る新緑のツツジの尾根道も幻想的で良いが、惜しくもツツジは全部花を落としてしまっていた。ムラサキ色のミツバツツジの花びらを踏みしだいて登っていくと、山頂に着いた。双子峰の雲母峰の鞍部から10分くらいだった。

雲母峰山頂

雲母峰山頂
雲母峰山頂

〔13:55~14:20〕山頂:男性3人組の先客が休憩中だった。挨拶の後「ツツジが終わっていて残念ですね」と話すと、「でもイワカガミがきれいですよ」の返答があった。

 えっ!どこどこ? これまでの疲れも忘れて途端に元気になる(笑)

イワカガミ 斜面の群生
イワカガミ 斜面の群生
イワカガミ群生
イワカガミ群生

 登ってきた反対側、鎌ヶ岳への登山道の斜面はびっしりとイワカガミの花に埋め尽くされていた。初めて見る規模の大群落で、どこにカメラを向けてもイワカガミだらけ。

イワカガミ
イワカガミ
イワカガミ
イワカガミ
イワカガミ
イワカガミ

 伊勢から来られた3人組は雲母橋からのルートで登って来ていて、登山道は良く整備されていたとのこと。岳不動に下山する彼らを見送り、しばらく休憩してから下山を始めた。

 林道終点部の広場からの登りは結構時間がかかったような気がしたが、下りでは20分だった。登りのときと同様に伐採地の中の登山道を敬遠して林道を下り、15時すぎ昼食場所の堰提に戻ってきた。この先には休憩に適当な場所がないため10分の休憩タイムをとった。

 雨がぱらついてきたので往路の荒れていた登山道ではなく、このまま林道を下りることにした。雨もすぐ止んで、タッタカタッタカ調子よく下って行った。途中で「岳不動へ」とある指導標が現れ、ためらいながらもそのまま林道を進んだ。

 進むうちどうも岳不動登山口の方向からずれてしまっているような気がし始めた頃、未舗装の林道は舗装路にぶつかった。分岐にあった案内板によると湯の山温泉街と駅を結ぶ東海自然歩道(舗装路)と交差したことになっている。あいにくどちらへ向かっても歩ける距離ではなさそうである。やはり途中にあった登山口入口を下りなければならなかったのだ(^^ゞ

 おまけに雨が本降りになってきた。分岐のすぐ下に立派なあずまやが建っているので避難。中で数人の家族がバーベキューの真っ最中だった。携帯電話でタクシーを呼ぶことにしたが、現在位置を説明できない。簡単な案内図の看板と手持ちの登山地図だけの理解で説明しても、相手側も判らないようだった。バーベキュー中の家族のお父さんが、それを見かねて電話を替わってくださり、途中の建物など説明してくださった。お陰でタクシーに迎えに来てもらえ大助かりだった。


登山データ

標高 雲母峰:888m

場所 三重県


アクセス

近鉄湯の山線湯の山温泉駅滝谷不動からタクシー約10分


山行日 2004/05/02

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP