ドンデン山とアオネバ渓谷 (2)

標準コースタイム 約2時間50分

大佐渡ロッジ跡 --30分-- ドンデン山(尻立山) --15分-- ドンデン池 --20分-- キャンプ場入口 --5分-- 県道佐渡縦貫線 --20分-- アオネバ十字路 --30分-- ユブ --20分-- 落合 --40分-- アオネバ登山口

 2010年5月2日に登山したときのGPSログを地理院地図に重ねたルートマップですが、全く同じコースなので掲載します。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

ドンデン池

ドンデン池
ドンデン池

〔13:10~13:30〕ドンデン池:ザゼンソウを求めてドンデン池の周りを歩く。潅木の下のカタクリの群生がひときわ見事である。池のそばのベンチで休憩しようとしたが、まとわり付くブヨの大群に辟易して草原の真ん中に逃げ出した。

 夏には牛の放牧地となる天然の芝の上に、牛の落し物のようなものがたくさん落ちている。夫と「踏まないように」などと会話していたら、傍にいた方が「これはオリコフスベというキノコが朽ちたものですよ」と教えてくださった。オリコフスベ…オリコフスベ…覚えられそうにないのでメモをした。(帰宅してインターネット検索するが「オリコフスベ」にヒットしません。方言なのか聞き間違いなのか?)草地にもブヨがいて、ゆっくりしたい場所なのに落ち着いて休めないのが難点だ。キャンプ場の水場は水が出るので汲んでいく。

 「ドンデン高原野営地」の看板に戻り、アオネバ峠へ向かう。雪解け水が注ぎ込む湿地帯の木道は朽ちかけていた。湿地の脇には小道が西に延びている。いずれにせよ道標はない。雪解け水があちらこちらから爽やかな音をたてて流れて落ちている。

ザゼンソウ
ザゼンソウ
オオイワカガミ
オオイワカガミ

 湿地帯を抜け山腹を登り始めるとオオイワカガミが咲いていた。登りきると林道のような広い道に出て、しばらくのんびり広い道を行く。雪解けの道端にはカタクリ、エンレイソウ、少し育ちすぎたザゼンソウ。そして、うつむき加減の薄紫の花を見つけて思わず声を上げ、夫を驚かせてしまった。シラネアオイとの初めての出会いだった。

 残雪の上を歩くのを楽しみながら緩やかに下ると車道に出た。前を行くご夫婦が、途中でガードレールを越えて奥の登山道に入っていった。ショートカットする道かとも思うが、道標が全くないためよくわからない。そのまま車道を進んで行くと右手に「大佐渡山脈登山道」の看板がある分岐が現れた。向かってくる女性2人組にアオネバ峠への道かどうか確認。お二人は白雲荘から金北山縦走路を来たそうなので、翌日のために登山道状況などを尋ねた。金北山頂直下にはまだ膝下くらいの残雪があり、何度か踏み抜いて苦労したとのこと。やはり道標は殆どなくて赤テープを頼りに進むようだ。しかしお花は真っ盛りだそうだ。うーん行きたい!

〔14:30~14:35〕アオネバ十字路:アオネバ峠はほぼ十字路になっていて、此処に来て初めて道標らしい道標が立っていた。真っ直ぐ進めば金北山への縦走路、左にアオネバ越え(アオネバ渓谷)からアオネバ登山口に下りることになる。じっとしているとブヨが群がるため、ちっとも座って休憩できない。ぶらぶらしながら休憩していると、下から賑やかな歓声が近づいてくる。"中高年女性の団体さん"らしかった。登ってきたのは中高年男女混成の20人くらいのグループで、たちまちアオネバ峠は賑やかになる。リーダー、あるいは指導員と思しき腕章をつけた男性と話して、明日が雨なら縦走はやめたほうが良いと言われてしまった。うーん、その通りかも。傍らのオバサンたちに上でシラネアオイが咲いていた事を告げたら、大合唱で返された。「シラネアオイなんて、今飽きるほど見たわよー!」…そしてそれは本当だった。

アオネバ渓谷

 アオネバ峠のアオネバは「青粘」で、青い粘土を意味している。急な峠を下り出すと、その名の通り青灰色の粘土が目立つ。なるほどと感心していると、シラネアオイが登場しだした。スゴイ!渓谷沿いなので特にブヨが多く、カメラを構える軍手をはめた手に無数に止まるブヨにゾッとしながらも撮りまくる。

シラネアオイ
シラネアオイ
シラネアオイ
シラネアオイ
シラネアオイの群生
シラネアオイの群生

 下りていくにしたがって行けども行けどもシラネアオイ、シラネアオイ…。これだけの群生を見られるなんて想像もしなかった。高嶺の花と憧れていたシラネアオイが、スミレのようなありふれた花に見えてくるほど!

新緑のなか、沢を渡る
新緑のなか、沢を渡る
キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

 シラネアオイがまばらになると、今度はニリンソウの群生が登山道の両側を埋め尽くす。オオイワカガミがアクセントをつけている。オオイワカガミは花の色が、濃いピンクから薄いピンク、オレンジがかったピンクまで様々なのだった。

 頬にチクッとブヨの熱烈歓迎のキスを受けてしまっても、疲れてきても、ブヨのお陰で座って休みにくい。新緑はまばゆいばかり、渓流のせせらぎも涼しく、これでブヨがいなければなぁ。持ってきたコーヒーも果物もガマンして、どんどん下った。

〔16:10〕アオネバ登山口:下山口のアオネバ登山口の手前で、現在放映中の趣味のテレビ番組、『日帰り登山で自然を写す』の撮影クルー2人と講師の方に遭遇。昨夏の鹿島槍ヶ岳に続き2度目の経験。『日帰り登山で自然を写す』は見逃しているので、いまだに撮影下手なのかも知れない(笑)

GPS事始

 アオネバ渓谷の樹林帯では、やはり受信し難い。ブヨを追い払いながら花を愛で、そして花を愛でながら撮影するのに追われ、GPS担当の夫も受信をフォロー出来なくなったので途中でスイッチOFF。練習にさえなったのかどうか(^^;

 アオネバ登山口から車道に下り立つと、往きに乗車したタクシーの運転手さんが待っていらした。予約時間より1時間近く早く下山したのだが、早めに迎えに来てくれたそうだ。ラッキーと喜んだのも束の間、車に乗り込みいざ発進と思ったら、なんとバッテリーが上がってエンスト!

 2人で後ろに回り車を押しても段差があって動かない。まだ日は高く急がないので、無線で呼んだお迎えを待つつもりだったが、運転手さんが通りかかったご夫婦登山者に助けを求めた。4人で押して今度は道路に出たものの、やはりエンジンがかからない。そこへ彼らが予約していた別の会社のタクシーが到着。こちらの運転手が行き先を尋ねると偶然にも同じホテル。運転手さんが相乗りを頼んでくれて同乗させてもらうこととなった。

 車内でこのご夫婦と話が弾んだ。私たちより1便後のジェットフォイルで到着し、翌日縦走の行程。明日の雨の天気予報を受けて今日中にドンデン山を登ろうと考えたことなど、私たちと全く同じ。2日目のホテルは相川へ移動して最終日の出航は夕方なので、明日雨でも最終日に縦走できるということだった。うーん、遅い出航の船にすれば良かった。

 この日の最高気温25度の夏日、久しぶりにタップリ汗をかいて夕食時のビールは格別の味だった(^^)

《参照》2010年5月2日の山行記録 »


登山データ

ドンデン山(尻立山):標高 940m

場所 新潟県佐渡島


アクセス

登山口:両津埠頭からタクシー30分大佐渡ロッジ跡


山行日 2002/05/03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP