磐梯山 (4)

標準コースタイム 往復 約4時間40分

八方台登山口 --30分-- 中ノ湯跡 --1時間15分-- 弘法清水小屋 --25分-- 磐梯山山頂 --2時間30分-- 翁島口登山口

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
ヤブの箇所
ヤブの箇所

 灌木のヤブに突っ込む箇所を抜けても、登山道は相変わらず岩がゴロゴロしていて歩きにくい。足元に神経を使うので疲れる。

ガレの登山道
ガレの登山道
ミネウスユキソウ
ヤブの箇所
イワイチン
イワイチン

 しかし咲き終わっても苞葉が白いため花が咲いているかのようなミネウスユキソウや、鮮やかな黄色のイワイチンが咲いていて和んだ。

表磐梯側の「天狗岩」
表磐梯側の「天狗岩」
すぐ傍を飛ぶパラグライダー
すぐ傍を飛ぶパラグライダー

〔13:55〕表磐梯側の「天狗岩」:大岩が微妙なバランスで積み重なっている場所を回り込む。これも「天狗岩」と呼ぶらしい。操っている人の動きがわかるくらいの距離に、パラグライダーが気持ちよさそうに飛んでいる。

四合目
四合目

〔14:10〕四合目:岩にペンキで「四合目」と書かれた場所を通過。容赦ない急な下りで脚が疲れ、膝のバネも利かず、スピードが落ちてきていた。

 岩場を通過すると灌木の間に埋もれそうな細い登山道を行くのだが、やはり一直線に下る一方。ゴンドラ駅への分岐はまだかな、まだかな…。

〔15:40〕ロープ場:ゴンドラ駅への分岐までの間に、翁島口コースで唯一の難所「ロープ場」が現れなくてはならない。そのロープ場にようやく到着。

 張られたロープを握り岩の縁を渡ると、3mくらいの高さの大岩の上に立っていることがわかった。垂直に切り立っているわけではないが、歩いて下りることは不可能。山側は足場が悪く、岩の斜面のあまり無い足掛かりを頼りに下りるしかなさそう。夫はさっさと後ろ向きの三点確保で下りてしまった。足が短い(短躯)と、こういう場所は大の苦手。かえって登る方が腕の力も使えるので、おそらくそれほど苦労せずに登れそうな感じだが、下りるとなると足掛かりになるような突起にコンパスが届かず…。で、後ろ向き、三点確保はできず、お尻を落とし、加えて夫にサポートしてもらい少々難儀しながらなんとか着地(^^ゞ

※ ということなので、小学生以下の子供を連れている場合、「下り」に使うのはお勧めしません。

ロープ場
ロープ場
ロープ場:足元は3m程度下
ロープ場:足元は3m程度下
下から見たロープ場
下から見たロープ場

※「下から見たロープ場」の写真は真下から撮影していないので、“見た目”と少し違います。


登山データ

磐梯山 標高:1819m

場所 福島県


アクセス

JR磐越西線猪苗代駅からバス約30分裏磐梯高原


山行日 2009/09/21

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP