西吾妻山 (2)

標準コースタイム 約2時間50分

ロープウェイ天元台湯元駅 …4分… 天元台高原 … リフト3本乗り継ぎ(約30分)… 北望台(登山口)--30分-- かもしか展望台 --5分-- 人形石との分岐 --40分-- 梵天岩 --15分-- 西吾妻山 --10分-- 西吾妻小屋 --10分-- 吾妻神社・天狗岩 --5分-- 梵天岩 --35分-- 人形石との分岐 --20分-- 北望台

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 水場からいろは沼を経て梵天岩まで、意外に時間がかかっていた。やがて行く手に屏風のような岩山が見えてきた。巨岩が積み重なった梵天岩の裾野を回り込むようにして登る。ここでも時間がかかる(^^ゞ

行く手に梵天岩
行く手に梵天岩
梵天岩への岩場
梵天岩への岩場

〔12:00~12:30〕梵天岩:梵天岩ピークまで登っていく夫に大声で聞いた。「何か見えるぅ?」

「何も見えな~い!」 じゃあ登るのや~めた(笑)

梵天岩ピーク
梵天岩ピーク
梵天岩ピークに登る
梵天岩ピークに登る

 相変わらず小雨が降っていた。もう少し登り、ゴロゴロした岩を敷き詰めたような広い石野原の隅っこで昼食にした。石野原の向こう側、濃い霧の中に吾妻神社がぼんやりと見えていた。

西吾妻山山頂との鞍部
西吾妻山山頂との鞍部

 西吾妻小屋経由ではなく、北東の道で山頂に向かった。いったん急な坂を下り、鞍部の湿原を木道で行く。ガイドブックや登山地図では、梵天岩から山頂まで15分なので目と鼻の先かと思ったら、目視でもけっこう距離がある。木道が終わるとそれなりに登らされ、おまけに岩ゴロの登り、雨による水溜まり、ぬかるみぐちゃぐちゃ…。

西吾妻山山頂

西吾妻山山頂
西吾妻山山頂

〔13:00〕西吾妻山山頂:梵天岩から30分かかって山頂に到着。樹林に囲まれて展望ナシ。

〔13:10〕西吾妻小屋との分岐:山頂から梵天岩に戻るのに、今度は西吾妻小屋経由の道で下りた。登って来た道と違い、とても快適。なんだ、こちらから登れば良かった。あっという間に西吾妻小屋との分岐。

分岐から西吾妻小屋を望む
分岐から西吾妻小屋を望む
西大巓を望む
西大巓を望む

 しかも山頂に着いた頃から雨が止み、一気に先ほどまでの雨が嘘のような青空が広がってきた。西吾妻小屋の赤い屋根が、秋の気配が濃い高い空と白い雲に映える。池塘も見られる湿原にはミヤマリンドウやウメバチソウが咲いている。

 計画では登山1日目は人形石から東大巓までの往復で、2日目は宿を多少早めに出発して、西吾妻山と西大巓まで足を伸ばしての往復のつもりだった。天気に合わせて計画を変えたことと、想定以上に西吾妻山までの時間がかかってしまったので、西大巓への往復はパス。

天狗岩・西吾妻神社
天狗岩・西吾妻神社
石野原
石野原

〔13:40〕天狗岩:西吾妻神社の前を登り、石野原の北側外れに戻って来た。山頂からの標準タイム、下り20分のところを30分で。やはり悪路ではないぶん楽だった。石野原は写真のように足下が悪いので、反対側に突っ切るだけでも早くは歩けずたいへん。

梵天岩を下りる途中で
梵天岩を下りる途中で
中大巓を望む
中大巓を望む

 梵天岩直下の岩場を慎重に下る。登ったときには何も見えなかった周りの景色が見えた。鞍部の大凹を挟んで、中大巓1964mがたおやかな姿を見せていた。あの山頂途中の「かもしか展望台」まで登っていかなければならない。


登山データ

西吾妻山 標高:2035m

場所 山形・福島県境


アクセス

JR新幹線米沢駅から白布天元台行バスで40分ロープウェイ天元台湯元駅


山行日 2008/08/22

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP