一切経山から高湯温泉 (1)

1日目 9月15日 / 朝一時雨,のち曇り時々晴れ

標準コースタイム 約4時間30分

吾妻小舎 --10分-- 浄土平 --40分-- 酸ヶ平分岐 --15分-- 分岐 --25分-- 一切経山 --30分-- 家形山分岐 --40分-- 追分 --50分-- 賽の河原 --20分-- 不動沢 --40分-- 高湯温泉

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔6:40〕小屋のご主人に見送られて出発。起床時には快晴だった空が曇り始めていた。ご主人の天気予報ならぬ「天気予想」だと、途中でパラッと降られるかもしれないけどそんなに長く降らないよ、とのこと。歩き出してすぐ「天気予想」が的中!早くも雨がポツポツ落ちてきた。一切経山へは小屋の西の桶沼沿いに歩けば少し近いのだが、浄土平のビジターセンターの軒下で雨具を着ようとビジターセンターへと遠回り。

〔7:40〕ビジターセンターからの出発は7時40分になってしまった。昨日は見えていた一切経山の丸いピークは、今日はガスの中だ。雨の中を酸ヶ平に向かって登る道々、夫が高湯温泉への下山をやめて一切経山を往復して帰ろうと言い出した。だが帰りのバスは10時25分、それを逃すと15時40分なのだ。10時25分に間に合うのか…。雨の降り方はにわか雨という感じではなかったが、私は吾妻小舎のご主人の「天気予想」を信じていた。絶対に天気は回復するからと、夫を説得してゆっくり歩く。

酸ヶ平

酸ヶ平で晴れてきた
酸ヶ平で晴れてきた
酸ヶ平
酸ヶ平
酸ヶ平
酸ヶ平
酸ヶ平避難小屋
酸ヶ平避難小屋

 酸ヶ平まで登ると雨が止み青空も覗きだした。再び登りに転じて途中にある避難小屋で休憩をとる。改装されて非常にきれいな小屋だった。見下ろした酸ヶ平と鎌沼、後ろに東吾妻山の眺望に胸がすく思い。よしよし、どんどん晴れろーと念じる。

酸ヶ平を俯瞰
酸ヶ平を俯瞰
酸ヶ平を俯瞰
酸ヶ平を俯瞰

 ところが避難小屋を出て登りだすとまたもや雨。小屋からはけっこう苦しい急登だ。浄土平からの直登コースの稜線を歩く登山者たちが右手に見えたが、それを見ると苦しさはそんなに変わらないのじゃないかと思った。ただし喘いで登るのもほんの15分。浄土平からの直登コースと合わさった。

山頂間近
山頂間近
吾妻小富士の火口が大きい
吾妻小富士の火口が大きい

〔8:50〕ガレの道を目の前のピークに向かって登りつめたが、本当の山頂はその先だった。吾妻小富士のまるですり鉢のような大きな火口が姿を現わした。雨はごく小降りになったが降ったり止んだりで、ここで吾妻小富士の展望を得られたのは幸運だった。山頂はもうすぐだ。

一切経山山頂

一切経山山頂標識
一切経山山頂標識
信仰の山の雰囲気濃い山頂
信仰の山の雰囲気濃い山頂

〔9:05~9:20〕一切経山山頂。草木1本もないだだっ広い頂の真ん中に、石が積み上げられていて祠がある。信仰の山らしい雰囲気が漂う。わずか10分前に直下では吾妻小富士が良く見えたのに、山頂はホワイトアウトだった。「魔女の瞳」と呼ばれる五色沼を見ることを楽しみにしていたのに…。

 数年前に弟家族が登ったときの、美しい「魔女の瞳」の写真がよみがえる。口惜しい。しばらく下を覗きこんでガスが晴れるのを待っていると、さっとガスが流れてわずかに見ることが出来た。風が強いのでゆっくりすることもせず下山することにした。

ぼんやりと見えた五色沼
ぼんやりと見えた五色沼
ガスだと迷いやすいので注意
ガスだと迷いやすいので注意

 酸ヶ平でいったん天候回復してからは夫も浄土平に戻る気はなくなったらしく、先立って五色沼へと下りていった。あれ?こっちで良いのかな…視界が悪い広い山頂を五色沼を望む場所に移動した時点で、私は一瞬方向がわからなくなっていた。夫がしっかりしていたので大丈夫だったが、あぶない、あぶない(^^;

五色沼 (魔女の瞳)

五色沼(魔女の瞳)
五色沼(魔女の瞳)

〔9:35〕滑りやすいガレた道を慎重に下り始めてすぐ、ガスが切れて日が射した。それまで鉛色に近かった眼下の五色沼にさっと色が差して、表現できないほどに美しいブルーの水面になった。写真を撮ってから先を歩く夫に教えると、気がつかずにスタスタ下りていた。しかしそのときには太陽が雲に隠れ、あの神秘的な青い色はもう見ることはできなかった。

五色沼の畔まで下りる
五色沼の畔まで下りる
一切経山を振り返る
一切経山を振り返る
五色沼
五色沼

〔10:15〕五色沼の畔まで下りて休憩。沼は近くで見ると透明度が高いようだが、上から見るほど青くはなかった。


登山データ

標高 一切経山:1949m

場所 福島県


アクセス

JJR新幹線福島駅バス(観光バス)約70分浄土平下車


山行日 2003/09/15

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP