東吾妻山 (2)

標準コースタイム 約3時間55分

浄土平 --50分-- 姥ヶ原 --35分-- 東吾妻山 --10分-- 展望台 --50分-- 景場平 --30分-- 鳥子平 --1時間-- 吾妻小舎

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
立ち枯れ
立ち枯れ

 山頂から笹の中を下りると、立ち枯れの木々が現れた。えぐれた道はぬかるんでいて歩きにくく、スパッツを着けそびれたズボンの裾は既にドロドロになってしまった。

〔13:20〕すぐに開けた谷地になり、木道の脇に休憩場所が何箇所か設置されている。コースタイムでは山頂から10分となっている展望台がここらしい。たらこスパゲティとスープのランチ。相変わらずの強風が恨めしい。

展望台がある谷地(湿原)
展望台がある谷地
展望台がある谷地(湿原)
展望台がある谷地
展望台がある谷地(湿原)
展望台がある谷地

 食事をしたベンチからすぐ先左手に、展望台へと続く木道があった。寒いのであまり行きたくないなぁ…。展望台から戻られたご夫婦に尋ねると、山頂とほぼ同じ景色らしいのでパスした。

少々藪っぽいところもある
少々藪っぽいところも

 道はますますぬかぬかとなり、ズボンの裾汚れはいまさらスパッツを着けられる状態ではないほどになった。せめて昼食の後にでも着ければ良かったと、大失敗を嘆きながら歩く。笹を掻き分けながら進む箇所、急な箇所、段差の大きい箇所もあり、時間が大幅にかかって景場平に到着。

景場平

〔15:00~15:15〕景場平も谷地というより湿原のはずだが、乾燥化が進んでいて池塘がたくさんあるわけではなかった。沼か池と呼べそうな大きな池塘の畔で休憩した。池塘の水際の灌木は紅葉し始めている。上の展望台がある谷地はかなり草紅葉が進んでいたが、景場平は標高が下がったのでこれからのようだ。

景場平
景場平
景場平で一番大きな池塘
景場平で一番大きな池塘
真新しい木道
真新しい木道
振り返って東吾妻山
振り返って東吾妻山

 姥ヶ平も木道を整備補修したばかりのようだったが、特にこの辺りの木道は新しい。このコースは点在する湿原を結んで歩く。つまり、ひどいぬかるみの登山道と快適楽ちんな平坦な木道歩きを、交互に歩くということになる。

鳥子平
鳥子平

〔15:50〕景場平から下りるとスカイラインと出合い、ここが鳥子平登山口。スカイラインを横断すると再び小さな湿原に木道が伸びている。鳥子平である。この辺りにも立ち枯れの木が目立つ。あとで吾妻小舎のご主人から聞いた話では、サルが木の皮を剥いで食べることによる被害だそうだ。

スカイライン脇の歩道
スカイライン脇の歩道

 スカイライン沿いに吾妻小舎がある兎平に向かう道は、遊歩道のように歩きやすいがやっぱりぬかるんでいた。

〔16:45〕吾妻小舎到着。予定より1時間以上のオーバー。遅めの到着に少々恐縮してご主人に声をかけると、「ぬかるみが大変だったでしょう」とやさしい言葉が返ってきた。ズボンの泥汚れを洗わねば小屋に入れないので、サンダルを借りて裸足になり外水道で洗った。冷たい…。

吾妻小舎

 数年前に弟が家族連れで宿泊し、感じが良い小屋だと聞いていた。1階が食堂、2階が宿泊用の部屋数室とトイレ。二間続きの畳の部屋に私たち夫婦と男性2人組、一組の夫婦の6人で。談話室にも周囲に宿泊スペースがあり、かなり遅くなって到着した16人の団体さんの部屋となった。

吾妻小舎
吾妻小舎

 お味噌汁おかわり自由の食事には、ご主人が山で採られた食材も調理されて並んでいる。明るいご主人は、個人でのお客は宿泊名簿を見て名前を覚えてしまうのが特技らしい。食事の時など「○○さん、お味噌汁のおかわりはどうですか」なんて具合に、必ず名前で呼んでくれるのだ。初めて来たとは思えない気にさせてくれる。

 夜、星空を見るため庭に出てみたが少し雲が多かった。深夜にふと目が覚めたら、ゴーゴーと風が唸りを上げていた。数年浄土平に通う夫が現地の人に聞いた話では、浄土平は9月になると風が強い日が多いのだとか。


登山データ

標高 東吾妻山:1975m

場所 福島県


アクセス

JJR新幹線福島駅バス(観光バス)約70分浄土平下車


山行日 2003/09/14

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP