余計な前書き 東京からだと早朝の東北新幹線と接続する観光バスで一切経山往復日帰り登山も可能だが、西吾妻連峰と結んだ縦走も捨てがたい。更に周辺に点在しているいくつかの温泉はなかなか良さそうなので、ぜひ宿泊したいと思っていた。山と温泉を訪れる機会を窺って数年余り、今回は欲張らず山小屋泊の1泊2日で東吾妻だけ歩いてみることにした。余談だが、数年前から毎年夏になると夫は(仕事がらみでの)天体観測のため浄土平に上がるため、高湯温泉に数日間滞在している。ところが昼間に時間が空かないため、せっかく浄土平に来ていても、今までたった一度吾妻小富士に登る機会を得ただけだそうだ。

東吾妻山 (1)

1日目 9月14日 / 晴れ・強風

標準コースタイム 約3時間55分

浄土平 --50分-- 姥ヶ原 --35分-- 東吾妻山 --10分-- 展望台 --50分-- 景場平 --30分-- 鳥子平 --1時間-- 吾妻小舎

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 浄土平に向かうバスは午前午後1本ずつしかない。東京駅6時04分の新幹線に乗り、福島駅でバスに乗る。高湯温泉を過ぎて不動沢橋を渡ると、バスは標高を上げながら磐梯吾妻スカイラインを行く。やがて窓の外に硫化水素ガスが噴出している硫黄の山肌を見る。一切経山と吾妻小富士の鞍部で風の通り道になっているためか、ゴーゴーという恐ろしいまでの風の音がしていた。バスは風に逆らいまるで喘いでいるかのようにのろのろと上り、9時25分に浄土平に到着した。

浄土平ビジターセンター
浄土平ビジターセンター
浄土平にある天体ドーム
浄土平にある天体ドーム

〔9:40〕強風で外に出たくない観光客で混雑するレストハウスで、トイレと出発の準備。久しぶりの青空の下での登山に心が躍る。ビジターセンターと天体ドームの間を抜け、駐車場を突っ切って登山口に向かった。「この駐車場で観測してるんだよ」「ふ~ん」

一切経山との分岐
一切経山との分岐
一切経山
一切経山

〔9:50〕一切経山と東吾妻山方面との分岐。多くの登山者は一切経山へと登っていく。今日の天気なら「魔女の瞳」五色沼は見事な色合いを見せてくれるだろうと思うと、一切経山に登って行きたい気もする。だが予報では明日も晴れなので、お楽しみは明日に残しておく。

〔10:30〕階段が多い登山道を登っていくと、背にした吾妻小富士の火口が大きい。やがて平坦になり東吾妻山が目の前に良く見える。

階段を登る
階段を登る
吾妻小富士を背に
吾妻小富士を背に
行く手に東吾妻山
行く手に東吾妻山
オヤマノリンドウ
オヤマノリンドウ

 花の季節は終わり紅葉にはまだ早いが、ヤマハハコとオヤマノリンドウが咲いている。

 登りきると姥ヶ原の木道を歩くようになって楽ちん。花の季節に歩きたい場所である。ところが強風が斜め前(東)の方向から吹きつけて、歩がなかなか進まない。時には横から来る風で木道から落ちそうになるほどだ。

鎌沼と前大巓
鎌沼と前大巓
姥ヶ原十字路
姥ヶ原十字路

〔10:45〕鎌沼に寄り道し、再び向かい風と戦いながら木道を谷地平方面に直進すると、木道がまさしく十字路になっている地点に着く。東吾妻山へは左に進路を取る。

東吾妻山姥ヶ原登山口
東吾妻山姥ヶ原登山口
山頂は目前
山頂は目前

〔11:10〕東吾妻山姥ヶ原登山口。木道はすぐに終わり登山道に入ると、いきなりえぐれていた。コメツガ、オオシラビソの樹林の中を登っていくにつれ、道は染み出た水でビチャビチャしたり、ぬかるんだりしてきた。姥ヶ原で前後して歩いていた他の登山者がみなスパッツを付けているのを見て、こんなに晴れた日なのに…と思っていたが、そういうことだったのか。樹林帯が切れてハイマツ帯となった山頂直下のわずかな距離が、向かい風のために苦しかった。

東吾妻山山頂

〔11:50~12:10〕山頂到着。立っていると強風でヨロヨロしそう。開けた正面(南西)は桧原湖の向こうに磐梯山。正面山頂部に雲がかかってきたのが残念。強風でカメラを構える腕が揺れる。右手に西吾妻の山々と一切経山。鎌沼がその名の由来の「鎌」の形に見える。

正面(南西)に磐梯山
正面に磐梯山
右から桧原湖、小野川湖、秋元湖
右から桧原湖、小野川湖、秋元湖
鎌沼と一切経山
鎌沼と一切経山

 展望を楽しんだら冷たい風に追われるようにして下山を開始した。


登山データ

標高 東吾妻山:1975m

場所 福島県


アクセス

JJR新幹線福島駅バス(観光バス)約70分浄土平下車


山行日 2003/09/14

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP