阿蘇高岳 (3)

標準コースタイム 約3時間40分

仙酔峡登山口 --10分-- 鷲見平 --1時間50分-- 火口壁 --10分-- 高岳 --20分-- 中岳 --30分-- 火山東壁展望台 --40分-- 仙酔峡登山口

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

※ GPSログによる足跡ではありません。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

砂千里ヶ浜

砂千里ヶ浜
砂千里ヶ浜(パノラマ合成)

 月のクレーターのような砂千里ヶ浜と火口を眺めながら下っていくと、噴煙が間近になってきた。噴煙は断続的に止まるときがあり、山が生きていることを実感する。

砂千里ヶ浜
砂千里ヶ浜
火口から上る噴煙
火口から上る噴煙
溶岩の岩壁
溶岩の岩壁
溶岩の岩壁
溶岩の岩壁
溶岩の斜面を下る
溶岩の斜面を下る

 周囲の岩壁は赤茶けていて異様な光景である。下る足元も赤い溶岩そのものだから、傾斜がきつくても滑らない。だが火山性ガスが目に沁みる…。

中岳火口東壁展望台

〔16:10〕中岳火口東壁展望台:登り返して火口東壁展望台に到着。荒々しい火口壁が間近に見られる。ここまで来ると散策中の観光客に出会う。

中岳火口東壁展望台
中岳火口東壁展望台
中岳火口東壁展望台
中岳火口東壁展望台
中岳火口東壁展望台から望む火口
中岳火口東壁展望台から望む火口

 下山が遅くなったのでロープウェイで下ることにした。仙酔峡まで40分で下れる遊歩道は、コンクリート舗装なのであまり歩く気がしなかったこともある。最終便の時間を調べていなくて知らないので、ロープウェイ駅までダッシュ(笑)

仙酔峡ロープウェイ
仙酔峡ロープウェイ
仙酔峡から見た阿蘇山
仙酔峡から見た阿蘇山

〔16:35〕仙酔峡駅:ロープウェイの窓からきつかった仙酔尾根を眺めながら仙酔峡駅に到着。


内牧温泉 親和苑

 内牧(うちのまき)温泉は阿蘇温泉郷最大の温泉地ということだが、田園の中にホテルや旅館が散在しているという感じで静かな温泉地だった。与謝野晶子・鉄幹や夏目漱石も宿泊したことがあり、夏目漱石はそのとき阿蘇山に登っているそうである。

内牧温泉 親和苑
内牧温泉 親和苑

 宿泊したのは親和苑という客室13室のこじんまりした家族的な宿で、トイレ・洗面所は共同だから民宿に近い。大浴場はなく内湯は2箇所の家族風呂である。当日は満室だったので、翌朝の早い時間以外はいつも利用中だった。それでいったん外に出て裏庭まで歩いていく露天風呂ばかりに入っていた。洗い場はあるが寒いのが難。多少白濁しているがほぼ透明な含石膏芒硝泉の温泉は、よく温まりお肌もスベスベになる感じがする。

 夕食・朝食共に部屋食で、温かいお料理を順に運んで来てくれる。自家栽培の野菜で作る料理がたいへん美味しい。熊本名物の馬刺し、ふきのとうの天ぷらなど定番の名物、季節のメニュー、そして創作料理が次から次へと運ばれてくる。なかでも「豆乳とクレソンのスープ」は絶品!(写真を撮らずに後悔)。最後の肥後牛のステーキ(にんにく味噌だれにつけていただく。柔らかくて美味しかった)は食べ切れなかった。メニューの数が多すぎかも…。ところが浅漬けの漬物があまりに美味なので、ご飯も少し戴いてしまいお腹が苦しい。にもかかわらず、手作りのレアチーズケーキとイチゴ(摘んで来たばかり!)のデザートを、「別腹」とかなんとか言いつつペロリ(笑)

 お風呂でお喋りした宿泊客も、お料理の美味しさを言っていた。この宿の魅力はなんと言っても料理である。

親和苑 »


登山データ

標高 阿蘇高岳:1592m / 阿蘇中岳:1506m

場所 熊本県

アクセス

JR豊肥本線宮地駅からタクシー仙酔峡登山口


山行日 2006/03/31

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP