余計な前書き 今年最後の山行は例年通りクリスマスにと計画したが、25日午後は大雪という天気予報に宿の予約を26-27日に変更した。26日は足慣らしのため、足和田山を登ることした。コースは東海自然歩道のため良く整備されていて、初級向きハイキングコースである。私たちは山歩きを始める以前の10年前にスニーカーで歩いていて、さらに1992年5月にも登っている。

1日目12月26日 / 快晴

標準コースタイム 約2時間55分

一本木バス停 --5分-- 登山口 --1時間10分-- 段和山分岐 --10分-- 足和田山 --50分-- 三湖台 --20分-- 紅葉台 --20分-- 紅葉台入口バス停

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔10:15〕一本木バス停出発:河口湖駅からタクシーで登山口に向かった。バス停から登山口への道がわからなくて、通りすがりの土地の人に尋ねたことなどを思い出し、とても懐かしい。記憶も鮮明ないきなりの丸太の階段を登っていくが、登山口の階段以外はすっかり記憶は薄れてしまっていた。北風が少し冷たいが、陽射しを受けての陽だまりハイキングである。予報ほど雪は降らず積雪はなかった。

 樹林帯に入ると登山道には少しの雪が残っていた。

足和田山山頂

〔11:30~12:30〕11時25分に段和山分岐。そこからあっという間の山頂。山頂には先客がいて、挨拶を交わすなりお菓子を勧められた。京都から夜行電車で富士山を見に来られたとおっしゃる男性で、道理でお菓子は京都の銘菓"生八橋"だった。

足和田山頂(五湖台)からの富士山
足和田山頂(五湖台)からの富士山
足和田山頂(五湖台)からの河口湖
足和田山頂(五湖台)からの河口湖

 山頂からの南アルプスは木立がじゃまをしているが、展望台に上がると白銀の山並みが素晴らしかった。しかし富士五湖を展望する「五湖台」と言うものの、見えるのは河口湖と本栖湖の二湖。ベンチで温かいうどんを作って昼食の後、三湖台へ向かった。

足和田山から三湖台への尾根道
足和田山から三湖台への尾根道

 樹林帯など場所によっては多少積雪もあり、ちょっとしたスノーハイク気分を味わえた。しかし持ってきた軽アイゼンの出番なし。思ったほど積雪がなくて良かったような、ガッカリのような…。

三湖台

三湖台のあずまや
三湖台のあずまや

〔13:30~14:45〕三湖台はぐるりと360度の大展望が得られる。あずまや、テーブルとベンチもいくつかありとても広い。標高は足和田山が最高点であるが、展望は三湖台の方が勝っている。お気軽ハイキングコースでこれほどの展望を得られる場所は余りないだろう。

三湖台からの南アルプス展望
三湖台からの南アルプス展望
三湖台からの富士山
三湖台からの富士山
青木ヶ原樹海の向こうに本栖湖
青木ヶ原樹海の向こうに本栖湖
三湖台からの西湖と鬼ヶ岳・十二ヶ岳
三湖台からの西湖と鬼ヶ岳・十二ヶ岳

 河口湖と三つ峠、西湖と御坂山塊、十二ヶ岳、本栖湖と竜ヶ岳・天子山塊の毛無山の眺め。南アルプスは白く輝き連なっている。そして10年前にも感動した富士の雄大な裾野に広がる、青木ヶ原樹海の広大なこと!

〔15:10〕紅葉台入口バス停到着:ぬかるみがひどくて靴がドロドロになり、閉口しながら14時30分に紅葉台。東海自然歩道と並行して未舗装の林道がはしり、林道の方がアップダウンは少ないが、頑固に山道である「東海自然歩道」を歩いて下山した。事前に調べたバスの時刻が間違っていて、携帯電話でタクシーに来てもらう羽目になった。年も押し詰まった平日の山歩きは、バスに見放されるのが難点であった。


山田屋ホテル

大室山を抱く“子抱き富士”
大室山を抱く“子抱き富士”

 山田屋ホテルは精進湖を隔て「子抱き富士」を眺める絶好の場所にある。宿に落ち着き、日暮れに差し掛かり刻々と表情が変わる富士山を、部屋の窓から眺め続けた。ほんのり赤く染まった夕焼けの子抱き富士は宿の露天風呂から堪能した。温泉の源泉は上九の湯から引いている。

山田屋ホテル »


登山データ

足和田山:標高 1355m

場所 山梨県


アクセス

富士急行河口湖駅下車バス23分一本木バス停、またはタクシー15分


山行日 2001/12/26

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP