秋田駒ヶ岳 シャクナゲコース (3)

標準コースタイム

《予定:シャクナゲコース・片倉コース周回 約4時間》

八合目登山口(シャクナゲコース) --1時間-- 焼森 --15分-- 横岳 --30分-- 大焼砂分岐 --1時間20分-- 阿弥陀池 --(片倉岳コース50分)-- 八合目登山口

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

焼森山頂

焼森山頂 / 秋田駒ヶ岳
焼森山頂

〔11:20~11:40〕焼森山頂:焼森の山頂は360度のパノラマ。風が強いが季節外れに気温が高かったので寒くはなく、ゆっくり展望を楽しんだ。

焼森山頂から駒ヶ岳連山の展望 / 秋田駒ヶ岳
焼森山頂から駒ヶ岳連山の展望(パノラマ合成)
焼森山頂から阿弥陀池 / 秋田駒ヶ岳
焼森山頂から阿弥陀池

 阿弥陀池もしっかり見えていて、取り巻く秋色の装いの秋田駒ヶ岳の山々が青空にくっきり。これだけの展望を得られる天気に恵まれたので、計画を変更したことは大正解。

焼森山頂から岩手山 / 秋田駒ヶ岳
焼森山頂から岩手山
焼森山頂から横岳への道 / 秋田駒ヶ岳シャクナゲコース
焼森山頂から横岳への道

 岩手山の左手には(写真には写らなかったが)早池峰山が浮かぶように見えていた。山頂にいた登山者に尋ねたら、ムーミン谷から男岳分岐に登る急坂からは、やはり鳥海山も見えたそうだ。

 さて、横岳まで行けばムーミン谷や女岳、小岳、田沢湖が見えるのだが……。

 前日の片倉コースの登りと同様、焼森までの登り時間も標準コースタイムの2倍かかっていた。体力不足と前日の疲れと、新しいミラーレス一眼カメラの扱いにまだ慣れずにモタモタすることが原因。横岳を往復して戻ると1時間はかかりそう。きつかったシャクナゲコースは下りでも標準タイムでは無理だろう。タクシーの出迎え約束時間は15時30分で、たぶんギリギリ?

 2日間歩いて好天に恵まれた秋田駒ヶ岳の紅葉と展望に満足できたので、もう充分かな。登る気力もなくなってきちゃったし。ということで下山することにした。(実はこの判断は、下山後にものすごーく後悔!)

〔11:55~12:20〕焼森を登る手前にあるベンチまで下りて昼食休憩。後から下りてきた男性2人が隣のベンチに座ったので、自然に彼らの会話が耳に入ってくる。2人は知り合いではなくたまたまの相席らしい。1人は『千葉から来ました』と言っている。ネットで秋田駒の紅葉が見頃と知り、天気が良いので思い立って新幹線でやってきたとか。そして田沢湖駅に着いた時に平日はバスの運行がないと知り、八合目までヒッチハイクで来たそうな。なるほど、タクシーに散財せずともその手があったか(笑)

復路

登山道 / 秋田駒ヶ岳シャクナゲコース
登山道
赤倉沢から登り返す / 秋田駒ヶ岳シャクナゲコース
赤倉沢から登り返す
登山道の紅葉
登山道の紅葉

 登山道がえぐれたため設置された梯子状の箇所が3箇所くらいあるし、急な登りで往路は結構体力を消耗させられた。下りが少し不安だったが案外スイスイ。赤倉沢から登り返した辺りでは、紅葉の斜面が青空に映えて美しかった。前日のように午後から薄雲が湧くこともなく、一日中秋晴れでの山歩きだった。

秋田駒ヶ岳八合目駐車場
秋田駒ヶ岳八合目駐車場

〔13:40〕秋田駒ヶ岳八合目到着:思っていたより下りが快調だったので(とはいえ標準タイムの1.5倍)、心配性の夫さえもさすがに拍子抜け。やはり横岳までは頑張って登れば良かった。早く下山しすぎてしまったので、タクシー会社に電話して迎車を早めてもらった。

 この朝田沢湖高原温泉の宿をチェックアウトしていて、この日は乳頭温泉郷の妙乃湯へ。当初はアルパこまくさから路線バスに乗るつもりだった。しかしタクシーの1時間貸し切り料金範囲内で、田沢湖高原温泉の宿に預かってもらっている荷物を取りに寄り、そのまま妙乃湯へ行ってもらえた。ドライバー氏に2日間の送迎の感謝を伝えたら、タクシー会社としても多少なりとも上客で有難かったらしく丁寧なご挨拶が返ってきた(^^)

 夫は有職時代だった1997年夏に登ったときの記憶が殆どなく、今回が初登山と変わらない感覚だったとか。事前にシャクナゲコースの魅力をアピールしても反応が薄かったのに、登ってみて気に入った様子。再び、今度は花の季節に登りたくなったそうである。


登山データ

男女岳 標高:1637m(今回は登頂せず)

場所 秋田・岩手県


山行日 2008/07/02

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP