秋田駒ヶ岳 (3)

標準コースタイム 約4時間

八合目登山口 --(シャクナゲコース120分)-- 焼森 -- 横岳 --30分-- 大焼砂 --20分-- 駒池 --20分-- 男岳分岐 -- 阿弥陀池 --(片倉岳コース45分)-- 片倉岳展望台 -- 八合目登山口

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
タカネスミレとコマクサ
タカネスミレとコマクサ

 大焼砂の入り口の斜面では、まだまだタカネスミレが幅をきかせて元気だが、タカネスミレの中に混じってコマクサがぽつりぽつりと姿を見せ始めた。

大焼砂の尾根を行く
大焼砂の尾根を行く

 大焼砂の尾根歩きは爽快だ。気温が上がったので遠望は霞み、鳥海山は裾野しか見えないのが残念だ。しかし展望は申し分ない。普段なら強風がつきものなのだろうが、今日は爽やかなそよ風で心地良い。

大焼砂のコマクサ群生

コマクサのピンクの帯
コマクサのピンクの帯
コマクサ群落
コマクサ群落

 やがてコマクサばかりとなる。なんと斜面にピンクの帯ができている!

 「わっわーっ!こんな群生は見たことない!」

コマクサ
コマクサ
コマクサ
コマクサ
コマクサ
コマクサ

 燕岳などに咲くコマクサよりは幾分小株だが、火山性の黒い砂礫地のため、花の色や独特な灰緑色の葉の色が冴え冴えと見えて美しい。

大焼砂を下りる
大焼砂を下りる

 いよいよ火口原に向かって大焼砂の斜面を下りていく。登山道は良く整備されていて緩やかに下っている。田沢湖の眺めが良い。

ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク
ベニサラサドウダンツツジ
ベニサラサドウダンツツジ
ベニサラサドウダンツツジ
ベニサラサドウダンツツジ

 火口原に下りてくると再び灌木帯になって、ウラジロヨウラクやベニサラサドウダンツツジが鈴なり状態で花を付けていた。


登山データ

男女(おなめ)岳 標高:1637m(今回は登頂せず)

場所 秋田・岩手県


山行日 2008/07/02

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP