長七郎山と銚子の伽藍 (4)

標準コースタイム 約4時間50分

小沼駐車場 --50分-- 長七郎山 --10分-- 小沼水門・長七郎分岐 --30分-- オトギの森・小沼分岐 --20分-- 茶ノ木畑峠 --(横引尾根)10分-- つつじが峰通り分岐 --20分-- 銚子の伽藍 --20分-- 牛石峠 --25分-- 軽井沢峠 --25分-- 血の池 --25分-- 小沼駐車場 --5分-- 小沼・長七郎分岐 --15分-- 鳥居峠 --35分-- 赤城山ビジターセンター

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
関東ふれあいの道を行く
関東ふれあいの道を行く

〔13:20〕軽井沢峠:車道から「関東ふれあいの道」に入り、ほとんどアップダウンがないか、軽い登りの道を進む。銚子の伽藍へのきつい登下降に比べたら、まるで散策路である。ただ車道が近くを平行しているので、ときどき車の走行音がする。樹林が新緑を迎えたら、気持ちが良い道だと思う。

〔13:50〕血の池:血の池はその名ほどではないが、幾分赤みがある水をたたえていた。土曜日だが他のハイカーにも出会わない。池の畔は静まりかえっていた。小沼駐車場まであと少し。しかし小沼の端にある「朝香嶺」というピークまで登り返す。

血の池
血の池
血の池の説明案内板
血の池の説明案内板
小沼
小沼
小沼平
小沼平

 朝の出発時には鉛色だった小沼が、空の青を映してきれいだ。小沼平にはベンチとテーブルがあり休憩したくなってくるが、終点の小沼駐車場はもう間近なので通り過ぎた。

〔14:25〕小沼駐車場:駐車場まで登ると、朝と同じように強風が吹き荒れていて寒く、とてもタクシーの迎えを待っていられるどころではなかった。営業所に電話を入れて、迎えに来て貰う場所を赤城山ビジターセンターに変更して貰った。タクシーが上がってくるのに小一時間かかるらしいので、のんびりと歩いても充分間に合いそうである。

尾瀬方面の山々も見える展望地
尾瀬方面の山々も見える展望地

 朝、長七郎山へ向かって歩いた同じ道を、再び歩き出した。霧氷が下りた黒檜山と駒ヶ岳を眺めた展望地では、朝には重く垂れ込めていた雲がなくなり、大沼の向こうに雪を残した山並みが見えた。案内板によると燧ヶ岳、至仏山など尾瀬方面の山々とのこと。小沼で終わりにしていたら見られなかったので、思わぬご褒美の展望だった。

鳥居峠へ
鳥居峠へ
急な階段の下り
急な階段の下り

 小沼・長七郎分岐で今度は鳥居峠に進路を取る。左下に大沼を見ながら、急な階段の下りでどんどん下って行く。

鳥居峠に到着
鳥居峠に到着

〔15:05〕鳥居峠:正面に岩混じりの小さな山が見えてきた。カゴ山だ。アカヤシオの見所だそうだが、まったく咲いていなかった。鳥居峠にはかつてのケーブルカー駅の名残があり、駅舎がレストランになっているので観光地の雰囲気がある。ファミリーハイキング向きとも言える長七郎山、マイナールートで悪路に少し緊張した銚子の伽藍、そして関東ふれあいの道を辿っていかにも観光地の鳥居峠。実に変化に富んだコースを歩いたものである。

〔15:25〕赤城山ビジターセンター:朝の重苦しい空が嘘だったかのように青空になっていた。覚満淵脇の遊歩道を歩いてビジターセンターに到着。玄関ロビーに休憩所があり、ストーブが焚かれていた。その暖かさがうれしいほど午後になってもまだ寒かった。温もりながら30分ほど待ち、迎えに来たタクシーに乗り込んだ。


登山データ

長七郎山:標高 1579m

場所 群馬県


アクセス

赤城温泉から登山口までタクシー利用


山行日 2012/05/12

天気 曇りときどき晴れ

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

アケボノツツジ
アケボノツツジ

大台ヶ原(東大台) »

PAGE TOP