巴郎山峠のブルーポピー (2)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

巴郎山峠のお花畑

 車道から斜面に上がると案外急斜面で、しかも草が付いていない箇所はドロドロなので滑りやすい。一面に咲いている高山植物を踏みつけないでは登れない。斜面を登るということを想定していなかったので、大きめショルダーバックを斜めがけして来てしまった。邪魔で仕方ない(^^;

お花畑は車道脇の崖 / 巴郎山峠
お花畑は車道脇の崖 / 巴郎山峠
一面に高山植物が咲く / 巴郎山峠
一面に高山植物が咲く

 しゃがみ込んでの写真撮影で息を止めると、とても苦しい。苦しいのでピントが合わずに苦労する。立ち上がったときに少しふらふらする。ツアーメンバー達は結構上の方まで登って行ったが、ブルーポピーを見られたことだし、斜面中程で撮影に専念した。

ブルーポピー

 ブルーポピーは群生はしていないで、他の花に混じってぽつりぽつりと花茎を伸ばして咲いている。降雪と寒さで薄い花びらが傷んでしまっていた。ヒマラヤン・ブルーと言えるような真っ青な色のブルーポピーは見当たらず、紫色に近い花ばかり。比較的青い花も損傷が激しく残念だった。思っていたより棘がすごくて、花びら以外棘だらけ。とても触る気になれない。

ブルーポピー / 巴郎山峠
ブルーポピー / 巴郎山峠
ブルーポピー / 巴郎山峠
ブルーポピー / 巴郎山峠
ブルーポピー / 巴郎山峠付近
ブルーポピー / 巴郎山峠付近

 ブルーポピーの分類はケシ科メコノプシス属で、Wikipediaの「メコノプシス属」の項目 に拠れば、ブルーポピーにもいろいろな「種」がある。このトゲトゲのブルーポピーは学名「メコノプシス・ホリドゥラ」ということだった。

 また赤いケシや黄色のケシも「ブルーポピー」と称している。この斜面には赤や黄色のケシは見当たらなかった。

そのほかの花

プリムラ(サクラソウ) / 巴郎山峠
プリムラ(サクラソウ)
黄色のサクラソウ / 巴郎山峠
黄色のサクラソウ
シコタンソウの仲間? / 巴郎山峠
シコタンソウの仲間?
アスター(アズマギク) / 巴郎山峠
アスター(アズマギク)
タカネシオガマ / 巴郎山峠
タカネシオガマ

 イブキトラノオの仲間、ミヤマキンポウゲの仲間、高山性のタンポポ、フウロソウなどがよく見られた。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP