馬爾康から紅原を経て川主寺へ (2)

ドライブ中のGPSログをGoogle マイマップにインポートした地図です。右端の拡大アイコンをクリックすると、別画面で大きな地図が開きます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
ヤクが横断中
ヤクが横断中
ヤクが横断中
ヤクが横断中

 ヤクが横断中のため車は一時停止(^^)

紅原に咲く花々 / 標高3800mの草原

〔15:25~15:45〕休憩:この辺りは公衆トイレが全くないので、トイレ休憩である。で、女性メンバーのなかには車道から離れた場所で“お花摘み”する人もちらほら(^^;

 私は“お花摘み”ではなく“お花撮り”に夢中。

リグラリア・ヴィルガウレア(Ligularia virgaurea) / 紅原
リグラリア・ヴィルガウレア

 実は車窓から草原に黄色の花が群生しているのが気になっていた。場所によっては草原が黄色に染まるほどだった。休憩タイムで停車した場所にその花が咲き乱れていた、というわけだ。

リグラリア・ヴィルガウレア(Ligularia virgaurea) / 紅原
リグラリア・ヴィルガウレア
リグラリア・ヴィルガウレア(Ligularia virgaurea) / 紅原
リグラリア・ヴィルガウレア

 間近に見ると意外なことに、けっこうな大株で花も大きい。名前は現地ガイド氏も「キク科の植物」としかわからないらしい。帰国後のインターネット調査でも情報になかなか行き当たらずわからなかったが、苦労の末に「リグラリア・ヴィルガウレア(Ligularia virgaurea)」らしいと判明。

ソースはこちら リグラリア・ランコンゲンシス / 青蔵花鑑 »

赤いケシ(メコノプシス・プニケア) / 紅原
赤いケシ
赤いケシ(メコノプシス・プニケア) / 紅原
赤いケシ

 車道を渡った斜面には赤いケシ(メコノプシス・プニケア)が咲いていた。斜面の上の方にはかなりたくさん咲いている。巴郎山峠での赤いケシを含むブルーポピーが降雪で傷んでいたので、ここできれいな写真を撮っていきたいところ。だが標高が高いので登ると息苦しくなり、撮影のためにしゃがんでピントを合わせるときには卒倒しそうである(笑)

 結局下の方で撮影したが、うつむく赤いケシの撮影は難しい。GPSログではこの辺りの標高は3833mだった。息苦しいはずである。

川主寺郊外の民家 / 車窓風景
川主寺郊外の民家
川主寺郊外の民家 / 車窓風景
川主寺郊外の民家

 16時半頃には車窓に民家が見えるようになった。川主寺の街に近づいてきたようだ。

 民家の屋根に太陽熱温水器が設置してあるが、太陽熱温水器は四姑娘山山麓の日隆(リーロン)や近郊の民家でも、ほぼ全戸といえるくらい普及していた。チベット風の吉祥文様が描かれた民家は共同住宅か宿泊施設だろうか。

 16時45分にホテルに到着。夕食後にホテル近くの土産物店を覗いて回った。川主寺の標高は3000mくらいで、夕方はかなり涼しかった。川主寺の「川主」は「四川の主」という意味だそうだ。

岷江源国際大酒店 (Minjiangyuan International Hotel) / 川主寺

岷江源国際大酒店
岷江源国際大酒店
岷江源国際大酒店
岷江源国際大酒店
岷江源国際大酒店
岷江源国際大酒店
ロビーの毛沢東銅像 / 岷江源国際大酒店
ロビーの毛沢東銅像

 岷江源国際大酒店(ミンジャンユン・インターナショナル・ホテル)に入ると、まず毛沢東さんが迎えてくれる(笑) この巨大な銅像を見るだけで推して知るべしで、建物はやたらに権威的に大きいが古くて機能的ではない。建物中央のエレベーターホールから両翼に左右の棟が延びている。客室が棟の奥だった私たちは、廊下のカーペットに沈むスーツケースを引っ張って延々と歩かねばならなかった。客室のカーペットは埃っぽくゴミまで落ちている有様で、掃除機を持ってきてくれたら自分で掃除したくなるくらい(笑) 僻地でも安宿でもないのに、浴室のお湯が出るのは18時30分からである。

 標高3000mの高地にあるので夜になると部屋の中も冷え込んだ。部屋のエアコンの暖房を入れようとしたのだが、暖房設定はあるのにどうやっても暖房モードにならなかった。ベッドスプレッド(ベッドカバー)をしていないベッドに薄い毛布が1枚。寒くて眠れずフリースを着込んで寝るしかなかった。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

ゴーヴェル湖に逆さモンテ・ローザ
ゴーヴェル湖とモンテ・ローザ

イタリア・アルプスハイキング »

フェワ湖とアンナプルナ山群 / ポカラ
アンナプルナ山群 / ポカラ

ネパールの旅とトレッキング »

エメラルドレイクとMt. Burgess
エメラルドレイクとMt. Burgess

カナディアンロッキーハイキング »

PAGE TOP