レイクルイーズハイキング (2) / Plain of the Six Glaciers

コース概要

ホテルレイクルーイズ(レイクアグネスコースとの分岐)---(1.9km)--- 湖の末端 ---(1.4km)--- レイクアグネスへの分岐 ---(0.8km)--- ハイライントレイルとの分岐 ---(1.4km)--- 展望広場(ティーハウス) ---(3.4km)--- レイクアグネスへの分岐 ---(0.9km)--- ミラーレイク ---(2.7km)--- ホテルレイクルーイズ
エリア バンフ国立公園
歩行距離 12.5km(ビューポイントまで行くと13.8km)
標高差 365m(ビューポイントまで行くと515m)
最高地点 2100m(ビューポイントまで行くと2250m)
コースタイム 約4時間30分

 ハイキングスタート地点と途中のポイントをマーカーで示した地図です。ポイント地点の写真も見られます。GPSログを取得していないので、ポイントの位置はアバウトです。右端の拡大アイコンで別画面で大きな地図が開きます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
Mt. Lefroy
Mt. Lefroy
眼下にレイクルイーズ
眼下にレイクルイーズ

 振り返るとレイクルイーズははるか下の方に見えるようになっていた。

Plain of the Six Glaciers

 鎖が設置された岩場を渡りしばらく登り続けると、ベンチがある広場に到着。ここがプレイン オブ ザ シックス グレイシャーズ、つまり6つの氷河を望む展望広場である。この展望広場までは誰でも登れるが、ここから先のビューポイントへは一応健脚向きである。ガレ場のトラバースと急登でビクトリア氷河の先端の上まで登る。急ぎ足で往復すれば40分だとか。

Plain of the Six Glaciers 展望広場
Plain of the Six Glaciers 展望広場
Plain of the Six Glaciers 展望広場
Plain of the Six Glaciers 展望広場

 ガイドさんの提案でビューポイントへは自由参加で行くことになる。後で知ったのだがこの日の“ゆっくり組”に参加した人たちはツアー参加者の中でもトップと次に続く健脚で、だから迷わずにビューポイントへ出発した。私たちは広場でのんびりすることにした。

The Mitre mountain (2889m) / Plain of the Six Glaciers
The Mitre mountain (2889m)
解説の看板 / Plain of the Six Glaciers
解説の看板

 Mt. Aberdeen(アバディーン 3152m)とレフロイ氷河を抱くMt. Lefroy(レフロイ)との間にThe Mitre mountainが見えている。展望する6つの氷河を解説の看板の絵で確認する。Mt.ビクトリアのビクトリア氷河はアッパーグレイシャーとロウワーグレイシャーに分かれている。

ティーハウス / Plain of the Six Glaciers
ティーハウス
トイレ / Plain of the Six Glaciers
トイレ

 ビューポイントへと続くトレイルの岩場ではナキウサギが鳴いている。花が咲き乱れる広場でお弁当を食べ、周辺を散策。奥にティーハウスがあり、サンドイッチなどの簡単な食事ができるようだ。広場にあるトイレはレールの上に乗っていて、2つのタンクの片方が満杯になると移動する仕組み。タンクはヘリで回収するそうだ。

 心地よい広場でのんびりしているとビューポイントまで登ったメンバーが戻ってきて、彼らのランチが済むのを待って出発した。単なる往復にせず、ハイライントレイルを歩いてミラーレイク経由でホテルに戻る。

ムシトリスミレ(Butterwort)
ムシトリスミレ(Butterwort)
クサリが設置されている
クサリが設置されている

 下山し始めてすぐ、ムシトリスミレ(Butterwort)を見つけた。ガイドブックにもこの辺りはバターワートが多く咲くとあるが、見つけたのは一輪だけだった。

斜面にヤナギラン
斜面にヤナギラン

 ハイライントレイルに入ると斜面いっぱいにヤナギランが見事に咲いていた。ハイライントレイルの下の登山道に、レイクアグネスからビッグビーハイブに登った“健脚組”グループが歩いているのが見えて手を振って合図した。彼らはレイクルイーズ湖畔の道を下りてホテルに戻る。

日差しの影を映す湖面 / Lake Louise
日差しの影を映す湖面
ホテルレイクルイーズを望遠で / Lake Louise
ホテルレイクルイーズを望遠で
レイクルイーズ展望ポイント / Lake Louise
レイクルイーズ展望ポイント

 やがてレイクルイーズを見下ろせる展望ポイントに到着。ガイドさん曰く「ビッグビーハイブに登らなくてもここからの展望で充分」。

ミラーレイク / Mirror Lake

ミラーレイク(Mirror Lake)
ミラーレイク(Mirror Lake)

 20分ほどでミラーレイクに着いた。13年前のハイキングのときにもアグネスレイクからこの場所に来ているので、懐かしさと共に感激を味わった。

 ミラーレイクは氷河湖ではなく雨水が溜まった小さな湖で、グレイシャーが混じっていないので湖水は透き通ったエメラルドグリーンである。

ビッグビーハイブ / The Beehive(Big Beehive mountain)

The Beehive (2270m) / Mirror Lake and Big Beehive
The Beehive (2270m)

 The Beehive(Big Beehive mountain)は大きな蜂の巣(beehive)という意味で、その名の通りの様相をしている。頂上までのトレイルは、裏側にスイッチバックでついているそうだ。

 ミラーレイクでしばらく休憩した後に、ジグザグに下って出発地点に戻った。登りもそれほど急ではなく、ハイキング5日間の滑り出しは快調。ただしコースの一部はホースライディングハイキングのコースと重なるので、馬の落し物が多いのには注意が必要だった。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP