ムースクリークでオーロラ初体験 (1) 第2日目 8月23日

ホワイトホース → ムースクリーク / ムースクリークロッジ泊

 ドライブ中のGPSログをグーグルマップに重ねた移動マップです。ポイントのマーカーをクリックまたはタップすると、写真や説明が見られます。右端の拡大アイコンで別画面での大きな地図が開きます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 宿泊したウエストマーク・ホワイトホース・ホテルを9時に出発。旅のスタートは「ユーコン・ビジター・インフォメーション・センター(Yukon Visitor Information Center)」から。ユーコンの地理、ユーコン準州の発展の歴史、生息する野生生物、鉱物などの資源に関して展示・解説している。日本語のパンフレットも置かれているが、重要なポイントはツアーリーダーが解説してくれた。

ウエストマーク・ホワイトホース・ホテル
ウエストマーク・ホワイトホース・ホテル
Westmark Whitehorse Hotel
ユーコン・ビジター・インフォメーションセンター
ユーコン・ビジター・インフォメーションセンター

 氷河時代には北米大陸とユーラシア大陸は「ベリンジア」という陸橋で結ばれていて、マンモスなどの動物はベリンジアを通り両大陸を行き来していた。その動物を追い、人々もユーラシア大陸から移住してきたという。なんとなくロマンを感じる話である。

 1896年にクロンダイク川支流で金が発見され、ドーソン・シティ近郊に人々(その多くはアメリカ人)が押し寄せて来る。クロンダイク・ゴールドラッシュと呼ばれる時代である。道路などなかった時代に彼らがドーソン・シティまでたどり着くには、厳寒のなかでの峠越えや激流の川下りと危険なルートしかなく、多くの人が遭難し命を落とした。そこまでして求めた男たちの一攫千金への欲望も、今となってはロマン溢れる物語になっている。

 センターの裏手のすぐそこに、ユーコン川が流れている。到着したのが夜半だったので、目の前にユーコン川を見たのはこのときが初めてだった。ユーコン川を見ながら、旅の始まりにわくわくしていた。

フィッシュラダー / Fishladder

フィッシュラダー見学棟
フィッシュラダー見学棟
水中ウィンドウでサーモンを観察
水中ウィンドウでサーモンを観察

 いったん南下し、「フィッシュラダー」を見学。フィッシュラダーはホワイトホース近郊のユーコン川に発電所のダムを建設したことで、サーモンが川を遡上できなくなるのを防ぐため設置した魚道のこと。見学棟には水中ウィンドウやライブカメラのモニターがあり、魚道を通って川を上るサーモンを観察できるようになっている。

ユーコン川のダムに設置された魚道
ユーコン川のダムに設置された魚道
ユーコン川のダムに設置された魚道
魚道
ユーコン川,発電所のダム
ユーコン川,発電所のダム

 職員がサーモンの孵化を助けたり数の管理を行っていて、その様子も見ることができた。

マイルズ・キャニオン / Miles Canyon

マイルズ・キャニオンの案内板
マイルズ・キャニオンの案内板

 フィッシュラダーからさらに少し南に下り、マイルズ・キャニオンという景勝地に来た。ホワイトホースの町の中をとうとうと流れていたユーコン川は、ここでは美しいエメラルドグリーンの川になって渓谷を流れていた。吊り橋の上から眺めると絶景である。案内板を見るとウォーキング用、自転車用のトレイルが整備されている。川沿いのトレイルを歩いたら気持ちが良いことだろう。

吊り橋から上流を望む
吊り橋から上流を望む
マイルズ・キャニオンに架かる吊り橋
吊り橋
吊り橋から下流を望む
吊り橋から下流を望む
上流の大きく蛇行する流れ
上流の大きく蛇行する流れ

 この辺りの川幅は極端に狭まっている。そして吊り橋から上流を望むと川が大きく蛇行しているのが見え、しかも川の中には岩場もある。フィッシュラダーで見てきた発電所のダムができる前、かつてこの付近は急流渦巻く早瀬だったそうだ。その早瀬の白波立つ様が白馬のたてがみのようだったことが、ホワイトホースの名前の由来である。

 またゴールドラッシュ時代には人々はここの激流を舟や筏で下り、ドーソン・シティへの中継基地だったホワイトホースへに入ったそうで、切り立つ岸壁に衝突して命を落とした人も多かったとか。そのため激流で筏を操れる優秀な筏師が各地から集まってきて、この付近専門の筏師として稼いでいたのだそうだ。発電所のダム建設で堰止め湖シュワットカ湖(Schwatka Lake)ができたことで、今はもう白馬のたてがみのような早瀬は消滅し、美しい渓谷美を見せてくれている。

 再びホワイトホースの町に戻り、向かったのはスーパーマーケット。ここで飲料水(注:ユーコン準州の水道水は飲用可)や軽食類、果物などを購入した。ホワイトホースはユーコン準州人口の8割が住んでいる州都である。スーパーマーケットは広く商品の品揃えも豊富で、生鮮食料品も充実していた。スーパーマーケットがあるドーソン・シティに移動するまでは買えない、日持ちするリンゴやマンダリンオレンジを買い込んだ。

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP