ツンドラの紅葉・北極圏ハイキング (2) 第4日目 8月25日

イーグルプレインズ →(北極線ポイントとハイキング)→ イーグルプレインズ / イーグルプレインズホテル泊

GPSログデータでみるコース概要

《場所》 北緯66度37分付近(北極圏内)リチャードソン山地(Richardson Mountains)の一角
《標高》 登り始め:およそ700m 尾根上:およそ850m
《歩いた距離》 およそ1.45㎞
《移動時間》 およそ1時間30分+(20分*)注:ハイキングスタートの時間帯にGPSアプリでのGPSログ取得が行われていない不具合があり、歩き出してから20分後からのデータになっています。

 ハイキング中のGPSログをグーグルマップに重ねたルートマップです。ポイントのマーカーをクリックまたはタップすると、写真や説明が見られます。この日のドライブルートは地図のスクロールや縮小・拡大で見てください。右端の拡大アイコンで別画面で大きな地図が開きます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔13:30〕尾根上に登頂:登っていた山の尾根の上に岩場が見えていたが、「あの上まで登りましょう」とのツアーリーダーの声。割合簡単に登れて、一応登頂(笑)

尾根の上の岩場
尾根の上の岩場
登頂(笑)
登頂(笑)
尾根上の岩場からの景色
尾根上からの景色
尾根上の岩場からの景色
尾根上からの景色
尾根上の岩場からの景色
尾根上からの景色

 尾根の上は風が強く寒かったので、展望を楽しんだ後すぐに下りた。登るのは簡単だった岩場だが、下りるのは慎重にゆっくりと。その間ツアーメンバーのなかで健脚な3人は、そのまま尾根伝いに歩いて行き、急な斜面を下りていった。

山腹を巻いて下りる
山腹を巻いて下りる

 風が来ない斜面で各自持ってきたおやつを食べて、のんびりとした休憩タイムをとった後下山開始。登ってきたのは直登だったが、前を行くツアーリーダーは山腹を巻いて下りていく。スレートの岩屑が散らばっているのでコケや地衣類が繁殖していないため、“ふわふわ”より断然歩きやすい。

 さて、車を駐車した場所からはどんどん離れるけれどいいのかな?

真っ赤に染まる山裾
真っ赤に染まる山裾
野生のブルーベリーを摘む
野生のブルーベリーを摘む

 斜面の低木類の色づきは、目が覚めるような鮮やかさだった。見慣れてきたウラシマツツジの「赤」も、陽差しが当るといっそう美しく、感嘆の声を上げてしまう。

 野生のブルーベリーは登り始めたときから随所に実っていて、摘んでは口に放り込みながら歩いた。そのこくがある甘酸っぱい味は、野生とは思えないくらい。ツアーリーダーがせっせと摘んでは配ってくれる。しかしご自分では決して食べない。なんと果物アレルギーなのだそうだ。

眼下にデンプスター・ハイウェイ
眼下にデンプスター・ハイウェイ
ハイウェイをゆく車
ハイウェイをゆく車

 振り返れば燃えるように赤く色づいた斜面、眼下には広大なツンドラのなかに一筋延びるデンプスター・ハイウェイ…素晴らしい眺めである。デンプスター・ハイウェイを土煙を上げて走る車でさえ、絵になってしまう。

 落ちていた動物の糞は、動物の毛が混じっているので熊の糞だそうだ。熊のテリトリーにお邪魔しているのだということを実感する。

熊の糞
熊の糞
イブキトラノオの仲間では?
イブキトラノオの仲間では?

 私が高山植物の花が好きで、それなりに名前を知っていることがメンバーの皆にすっかり認知され、咲き残った花を見つけると教えてくださるようになった。で、「何の花?」と聞かれるのだが、わからない場合も多い。左上の写真、ピンクの花は、後日トゥームストーン準州立公園のビジターセンターで、ツアーリーダーと共に備えてある花図鑑で調べたが、決定打のデータにたどり着けなかった。

ふかふかのツンドラのソファで休憩
ふかふかのツンドラのソファで休憩

 このまま下りるのかと思ったら、ツアーリーダーの一声で再び休憩となった。日当たりが良い斜面に座ると、ふかふかのソファに座っているようだ。

 ツアーリーダーが地図を広げ、「今居るのはこの辺りです」と指さした。

 そのとき突然大きな感動が私の中にこみ上げてきた。「そうなんだ。こんな北の果て近くに、今居るのだ、私は!」

 地図で見れば北極海まであと少し。「極北」に近いことを実感し、珍しく感情が高まってしまった。

白い岩屑と真っ赤なウラシマツツジ
ウラシマツツジの紅葉
ツ白い岩屑と真っ赤なウラシマツツジ
ウラシマツツジの紅葉

 さらに下りていくと、それまで見下ろしていた岩屑の山との鞍部に出てきた。この場所のウラシマツツジの紅葉がまた鮮やかで、しかも岩屑が白っぽいためコントラストが効いて、言葉に尽くせぬ美しさ!

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP