ベルニナ山群展望スノーハイキング (3)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 ムオッタス・ムラーユ展望台駅に隣接して山岳ホテル Romantik Hotel Muottas Muragl があるからなのか、ちょっとゴージャスな日除けつきサンチェアが置いてあった。サンモリッツはセレブが利用するリゾートである。座ってみるとなんとなくハイソサエティになった気分?(笑)

 さらに滑り台、ブランコ、ターザンロープなど子供用遊具がある広場で、ちょっとひと遊び(^^)

真冬のサンチェア
真冬のサンチェア
遊具がある広場
遊具がある広場

 そしてお腹を空かせてレストランへ。レストランでの美味しい食事に加え、設けられた自己紹介タイムでかなり盛り上がった。

 ケーブルカーの発車時間まで、展望デッキでパノラマを眺めて楽しんだ。展望デッキのすぐ下にある小屋は、パンフレットを見ると山小屋ではなく、イベント会場用の小屋のようだ。

レストラン前の展望デッキ
レストラン前の展望デッキ
展望デッキから
展望デッキから
展望デッキから望むエンガディン方面
展望デッキから望むエンガディン方面
ハイキングした丘の眺望
ハイキングした丘の眺望

 14時45分に下山のケーブルカーに乗り、15時過ぎにサンモリッツ駅に戻る。サンモリッツに下りたら、あれほど望んでいた青空が広がっていた。

サンモリッツ湖を氷上散策 / St. Moritzersee

 ホテルに戻る前に凍結したサンモリッツ湖の上を散策した。氷の上に雪が積もっているので、歩いても全く滑らない。しかしまだ積雪が少ないので、雪を蹴散らしてみると分厚く結氷している湖面が現れた。町の人も犬と散歩していてのどかである。

 凍結したサンモリッツ湖の上で「雪上ポロワールドカップ」が間近に(2006年1月26日から)開催されるそうで、湖上では会場設営の真っ最中。工事車両が走っているのを見ると、とても湖の上とは思えない。

 湖西側の町は炭酸泉の温泉が湧くバード地区と思われる。

凍結したサンモリッツ湖
凍結したサンモリッツ湖
湖の北東にムオッタス・ムラーユ
湖の北東にムオッタス・ムラーユ

 現地ガイドさんに教えられて湖の北東の山を見ると、午前中にスノーハイキングをしたムオッタス・ムラーユが見えた。山塊の左の肩に建造物らしいものが見える。あぁ…晴れてるなあ(笑)

※ サンモリッツ湖から見えるムオッタス・ムラーユの件は記憶が曖昧なので確証はありません。「湖の北東にムオッタス・ムラーユ」の写真が湖の東側展望なのは間違いないので、おそらく間違っていないと思います。

氷上散策 / サンモリッツ湖
氷上散策
北側湖畔には五つ星ホテルが建ち並ぶ
北側湖畔には五つ星ホテルが建ち並ぶ

 湖の北側湖畔には由緒や歴史がありそうな五つ星ホテルが建ち並んでいる。

ホテル客室から通りの眺め
ホテル客室から通りの眺め
ホテル客室から通りの眺め
ホテル客室から通りの眺め

 徒歩でホテルへ帰り15時50分にホテル着。近くのCOOP(スーパーマーケット)へミネラルウォーターなどの買い出し。宵の18時半過ぎ、ブランドショップが建ち並ぶ通りから少し奥に入ったホテル前の通りは、人通りが少なかった。

ホテル ハウザー サンモリッツ / Hauser Hotel St. Moritz

ホテル ハウザー / Hauser Hotel St. Moritz
ホテル ハウザー / Hauser Hotel St. Moritz
ホテル ハウザーのツインルーム / Hauser Hotel St. Moritz
ホテル ハウザーのツインルーム

 サンモリッツ・ドルフ(Dorf)地区にありブランドショップやレストランが軒を並べるエリアにも近い。オードリー・ヘプバーンがお気に入りだった「ハンゼルマンカフェ」も比較的近くにあるが、写真は撮影してこなかった。

 三つ星(Bクラス)でホテルの外観はパッとしないが、レストランや設備の清潔感は不満はなかった。客室のシンプルすぎるくらいシンプルな作りも気に入った。この先の宿泊地での利用ホテルも同様だったが、ベッドの幅が狭めなので大柄な人には不満かもしれない。

Hauser Hotel St. Moritz »


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

ウラシマツツジの紅葉
北極圏でのウラシマツツジの紅葉

ユーコン縦断-オーロラと紅葉ハイキング »

PAGE TOP