ユングフラウヨッホ (3)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

スフィンクス展望台 / Sphinx Observatory

 標高3454mの駅から高速エレベーターで標高3571mのスフィンクス展望台へ上がった。世界中から観光客がやってくるユングフラウヨッホは、夏だと展望台は押すな押すなの状態に混んでいることもあるそうだ。この日は出口付近に少し人が溜まっている程度。

スフィンクス展望台 / ユングフラウヨッホ
スフィンクス展望台
空いていたスフィンクス展望台 / ユングフラウヨッホ
空いていたスフィンクス展望台

 人気スポットでも人が少ないことは冬のスイス観光の大きな魅力。

スフィンクス展望台から見るメンヒ(Mönch 4107m)

 ユングフラウヨッホはメンヒ(Mönch 4107m)とユングフラウ(Jungfrau 4158m)との鞍部にある。ユングフラウヨッホの東側展望台「スフィンクス」からはメンヒが間近に見られる。

スフィンクス展望台からのメンヒ / ユングフラウヨッホ
スフィンクス展望台からのメンヒ
スフィンクス展望台からのメンヒ / ユングフラウヨッホ
スフィンクス展望台からのメンヒ
スフィンクス展望台から見るユングフラウ / ユングフラウヨッホ
スフィンクス展望台から見るユングフラウ

 真北方向の遠くは霞んでいて見えにくいがインターラーケンだろうか。真下にクライネ・シャイデックと登山電車も見えた。

 展望台の西側にはユングフラウ。近くで見るのはしばらくお預け。

スフィンクス展望台から見るアレッチ氷河

 南側に見えるのがヨーロッパ最大で全長約22キロメートル(年々減少している)のアレッチ氷河である。3日前にリーダーアルプでこの氷河の最下流部を見てきて、今は目の前にその源頭部がある。この膨大な氷河がアルプスを流れ下っているという実感が湧いてくる。

スフィンクス展望台から見るアレッチ氷河 / ユングフラウヨッホ
スフィンクス展望台から見るアレッチ氷河
スフィンクス展望台から見るアレッチ氷河(ズームイン) / ユングフラウヨッホ
アレッチ氷河(ズームイン)
アレッチ氷河メンヒ側 / ユングフラウヨッホ
アレッチ氷河メンヒ側
アレッチ氷河ユングフラウ側 / ユングフラウヨッホ
アレッチ氷河ユングフラウ側

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP