ゴルナーグラート展望台 (3)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 これだけの快晴だからユングフラウも見えていたのではないかと思い、帰国後に撮影した写真をチェックした。ゴルナーグラート展望台では、ベルナーオーバーラント方向を撮影していなかった。しかしユングフラウなどベルナーオーバーラント三山はマッター谷の奥に見えるはず。探すとドームとテッシュホルンを狙った写真のひとつに、マッター谷の一部が写っていた。しかしユングフラウがあるべき場所は、右の山に隠れてしまっている。惜しい!

ドームとテッシュホルンの左手(北)にマッター谷/ ゴルナーグラート展望台
〔A〕ドームとテッシュホルンの左手(北)にマッター谷
ベルナーオーバーラント方向 / ゴルナーグラート展望台
〔A画像〕の拡大 左側ベルナーオーバーラント方向

 ただし偶然写っていた写真があった。ゴルナーグラートへ向かう登山電車から、夫が何気なく撮影した写真がまさに「マッター谷」を見上げる構図だった。そして画像を拡大して見てみれば、ゴルナーグラートでの写真よりさらに右奥の山並みまで写っていた。画像内に入れた四角の枠内に、ユングフラウとメンヒが写っている。このときには全く気づいていなかった。

ゴルナーグラート鉄道より望むマッター谷、遠くにベルナーオーバーラント
ゴルナーグラート鉄道より望むマッター谷
ゴルナーグラート鉄道より望むマッター谷、遠くにベルナーオーバーラント
〔B画像〕の拡大
マッター谷奥にベルナーオーバーラント
ゴルナーグラートから滑り降りるスキーヤーたち / Gornergrat
ゴルナーグラートから滑り降りるスキーヤーたち

 1時間ほどパノラマを堪能して展望台を下りた。スキーヤーたちが増えてきていた。ここからマッターホルンに向かって絶景を見ながら滑り降りるなんて、日本のスキーが好きな人にとっては垂涎のコースだろう。

再び登山電車で / ゴルナーグラート鉄道
再び登山電車で
ゴルナーグラートを出発 / ゴルナーグラート鉄道
ゴルナーグラートを出発

 ハイキングをスタートするローテンボーデンへは登山電車で下る。

 ローテンボーデン駅(Rotenboden)で登山電車を降りると、大人に引率された5歳くらいの子供たちが目の前を滑っている。幼稚園のレクリエーションだろうか。スキーの初心者コースを下りていった姿はとても可愛らしくヨチヨチした様子なのだが、転ぶ子はいないし上手に下りていく。

ローテンボーデン駅で下車 / Rotenboden
ローテンボーデン駅で下車
子供たちもスキーが上手 / Rotenboden
子供たちもスキーが上手

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

フェワ湖とアンナプルナ山群 / ポカラ
アンナプルナ山群 / ポカラ

ネパールの旅とトレッキング »

PAGE TOP