モンテ・ローザ展望ハイキング (3)

コース概要

スタッファル …<ロープウェイ乗り継ぎ>… インドレン展望台 …<ロープウェイ>… ガビエット(ロープウェイ途中駅) ---<徒歩>--- ガビエット湖---<徒歩>--- プンタ・ヨランダ ---<徒歩>--- グレッソネイ・ラ・トリニテ

歩行距離 6.6km / 歩行時間 4時間22分41秒 (GPSログを利用したAndroidアプリ「山旅ロガー」による測定結果)

 GPSログによる足跡をグーグルマップに重ねたルートマップです。ポイントのマーカーをクリックまたはタップすると、写真や説明が見られます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
トリニテ村が見えてきた
トリニテ村が見えてきた
沢の脇に飛び出す
沢の脇に飛び出す
登山口の案内板
登山口の案内板

 やがて集落が見えてきて、沢の脇に飛び出すと目の前は車道だった。登山口には詳しいガイドとルートマップが書かれた案内板があり、周回のデイハイキングコースを歩くのも良さそうである。

ヨーロッパアルプス フラワーガイド (2)

ガビエット湖周辺に咲いていた花

タツナミソウ / スクテラリア・アルピナ
タツナミソウ (註1)
アルパインアスター
アルパインアスター (註2)
ベンケイソウ
ベンケイソウ (註3)
パラダイスリリー
パラダイスリリー (註4)
  1. タツナミソウ - 学名:スクテラリア・アルピナ = Scutellaria alpina (シソ科)
  2. アルパインアスター - 英名:Alpine aster / 学名:アスター・アルピヌス = Aster alpinus
  3. ベンケイソウ - 学名:センペルビブム・モンタヌム = Sempervivum montanum (ベンケイソウ科)
  4. パラダイスリリー - 英名:Paradise lily / 学名:パラディセア・リリアストルム = Paradisea liliastrum(ユリ科)

プンタ・ヨランダへのトレイルにて

タマシャジン
タマシャジン (註1)
チョウノスケソウ
チョウノスケソウ
  1. タマシャジン - 学名:フィテウマ・オルビクラレ = Phyteuma orbiculare

 本来「悪魔の爪」と呼ばれるタマシャジンは、フィテウマ・コモースムのことであるとのこと。しかしフィテウマ・コモースムはたいへん稀少なので、一般的にはフィテウマ・オルビクラレを「悪魔の爪」と呼ぶことが多いようである。

参照(説明の補完) »

プンタ・ヨランダからの下りで

フウロソウ
フウロソウ (註1)
マツムシソウ
マツムシソウ (註2)
  1. フウロソウ - 学名:ゲラニウム・シルヴァティクム = Geranium sylvaticum
  2. セイヨウマツムシソウ - 学名:スカビオサ・ルキダ = Scabiosa lucida

ロマンチック ホテル ヨランダ スポルト / Romantik Hotel Jolanda Sport

Romantik Hotel Jolanda Sport
ロマンチック ホテル ヨランダ スポルト
Romantik Hotel Jolanda Sport
ロマンチック ホテル ヨランダ スポルト

 スキーリゾートによくある家族経営のホテルで、インテリアはカントリーテイストだが、客室や設備は近代的で清潔だった。プールとスパもある。

ホール / Romantik Hotel Jolanda Sport
ホール
客室 / Romantik Hotel Jolanda Sport
客室
廊下 / Romantik Hotel Jolanda Sport
廊下

 外国で家族経営のホテルを利用するのは初めてなのだが、大規模なリゾートホテルより居心地が良かった。具体的なサービスが良い悪いというより、経営者ファミリーの顔が見えるからかもしれない。グランパパが客室への案内係だったり、昼間のフロントに赤ちゃんを抱いた女性とグランママが座っていたり…というのが温かい。そして働き者の女主人が経営を支えているのは、これも日本と同様だな…などと感じ入ってしまった(笑)

Romantik Hotel Jolanda Sport »


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP