アオスタ観光とピラの展望台 (3)

アオスタ / Aosta

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

古代ローマ地下回廊(クリプトポルティコ)

 アオスタ観光で私が一番期待していたのが「地下回廊」だった。15年前の訪問の時には行っていないばかりか、案内してくれた人から説明があったかどうかも覚えていない。それが2011年にあるテレビ番組で放送されたのを観て、「あの(行ったことがある)アオスタにこんなすごい遺跡があるのか!」とびっくり。今回観光コースに入っていてとても良かった。

 地下の中にアーチ型の天井と柱とで広い通路ができており、幻想的な雰囲気である。古代ローマ時代に寒いアオスタでも人々が集うことができる場所として作られたとのこと。設置された観光用階段を登ると、地上にある教会と連絡している箇所も見られた。

※ 内部は撮影禁止なので写真はありません。

サンタマリア大聖堂 / Cattedrale di Aosta

サンタマリア大聖堂の鐘楼 / Aosta
サンタマリア大聖堂の鐘楼
サンタマリア大聖堂 / Aosta
サンタマリア大聖堂

 アオスタのカテドラル(ドゥオーモ=Duomo)であるサンタマリア大聖堂へ。入口部分は修復が新しいと見えて、フレスコ画や扉上部のレリーフ装飾などが色鮮やかで美しい。

 聖堂内に入ると床に柵に囲われたガラス窓があり、地下回廊の一部を見ることができるようになっていた。

足元のガラス窓を覗くと… / Aosta
足元のガラス窓を覗くと…
地下回廊の一部が見える / Aosta
地下回廊の一部が見える
木工工芸の聖職者用ベンチ / Aosta
木工工芸の聖職者用ベンチ
床のタイルモザイク / Aosta
床のタイルモザイク

 聖堂における見所は、サントルソ教会同様に木工工芸の聖職者用ベンチと床のタイルモザイクである。

ローマ円形劇場遺跡 / Teatro Romano(Roman Theater)

円形劇場の観光用通路 / Aosta
円形劇場の観光用通路

 アオスタ市街の観光の最後は、ローマ円形劇場遺跡だった。「円形劇場」といっても劇場ではなく、闘技場のことである。

 15年前にはなかった通路が設置されていて、そこを歩いて見学するようになっている。なぜか写真がないので不確かだが、15年前は階段状の遺跡の上に立てたりしたような記憶があるのだが。遺跡保護のための整備や措置は、やむを得ないというより当然である。円形劇場遺跡全体の規模も大きくなっているような気がした。15年間で発掘が進んでいるのだろう。

 アオスタに到着したときには小雨模様だったが、円形劇場を見学している頃には天気は回復して青空になりつつあった。今まで見えていなかったアルプスの白い山々が、雲間から現れていた。

 15年前の訪問も夏の観光シーズンだったが、観光客は明らかにその頃より増えていた。遺跡整備や観光施設の開発も進んでいた。それでもアオスタはスイスアルプスの観光都市よりはずっと静かで落ち着いた町である。古代ローマ時代の遺跡や中世の教会は歴史遺産としてだけではなく、現代のアオスタに溶け込んだ風景で、古代の城壁の傍で生活が営まれている。

古代遺跡の城壁とクレーンが共存
古代遺跡の城壁とクレーンが共存
市内見物用のトラム / Aosta
市内見物用のトラム

 町のあちらこちらで、古代遺跡とその遺跡修復保護そして観光開発のためのクレーンが共存している。歩くのが苦手な観光客のための、市内見物用のトラムまである。今後は更に観光客が増えることだろうが、落ち着いた雰囲気は変わらないでいてほしい。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP