グラン・パラディーソ山群展望ハイキング (1)

コース概要

コーニェ …<路線バス>… ヴァルノンティ(Valnontey) ---<徒歩>--- ポンテ・エルフォレット(Ponte Erfolet) ---<徒歩>--- ヴァルノンティ( ---<徒歩>--- コーニェ) ※(カッコ)内は予定外

歩行距離 9.5km / 歩行時間 約3時間(2時間12分30秒+49分41秒) (GPSログを利用したAndroidアプリ「山旅ロガー」による測定結果)

 GPSログによる足跡をグーグルマップに重ねたルートマップです。ポイントのマーカーをクリックまたはタップすると、写真や説明が見られます。右端の拡大アイコンで別画面での大きな地図が開きます。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔9:55〕ヴァルノンティ / Valnontey(標高1667m)出発:コーニェのホテルから歩いて数分のバスターミナルから、路線バスに乗車してヴァルノンティで下車。ヴァルノンティには駐車場とインフォメーションセンター、公衆トイレなどの施設があり、更に子供用の馬場やレストランもある。

ヴァルノンティ / Valnontey
ヴァルノンティ / Valnontey
インフォメーションセンター前のトレッキングマップ
インフォメーションセンター前のトレッキングマップ
コース道標22番コースを行く
コース道標22番コースを行く

 谷間に流れる川に沿って進むコース番号22番のトレイルは、登山道というより広い砂利道である。ヴァルノンティの標高は1667m、ポンテ・エルフォレットは標高1826mで、標高差も大したことない。日本のハイキングコースに喩えるなら、上高地散策という感じかもしれない。

ハイキングスタート
ハイキングスタート
川上へ進む
川上へ進む
川岸の山に滝が見える
川岸の山に滝が見える
グラン・パラディーソを正面に見て
グラン・パラディーソを正面に見て
ほぼ平坦なトレイル
ほぼ平坦なトレイル

 トレイルは緩い登りなのだが、アップダウンはなく一貫して“緩やか”なので、ほとんど平坦に感じる。針葉樹の森を抜けたり、前方が開けると真正面にグラン・パラディーソ山群を望むようになったり。

ちょっと不思議な小屋
ちょっと不思議な小屋
自然の岩を利用した?小屋
自然の岩を利用した?小屋

 集落を離れたところに小屋があった。牧畜のための作業小屋みたいなものらしい。近くまで来て驚いた。小屋が岩にめり込んでいた。いや、おそらく自然の岩を利用して建てたのだろう。

グラン・パラディーソが少し近くなる
グラン・パラディーソが少し近くなる
グラン・パラディーソを望遠で
グラン・パラディーソを望遠で

 グラン・パラディーソが結構近く大きく見えるようになってきた。右端のピークがグラン・パラディーソの最高峰で、標高4061mである。

 道沿いに咲いている花々はアザミやヤナギランばかりだったのが、標高1800mくらいになって珍しい花を見つけた。ユリ科の花についてツアーメンバーのなかの“花好きさん”に聞くと「名前を度忘れ」(笑)

 花が重くて半分倒れかかっているので、“花好きさん”に撮影の協力を得た(^^)

ヨーロッパアルプス フラワーガイド (4)

リリウム・マルタゴン
リリウム・マルタゴン (註1)
ヤグルマギク
ヤグルマギク (註2)
  1. ユリ科の仲間 - 学名:リリウム・マルタゴン = Lilium martagon
  2. ヤグルマギク - 学名:ケンタウレア・モンタナ = Centaurea montana

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP