余計な前書き 大台ヶ原は東京から出かけるにはある意味北海道や九州よりも遠くて、夫が在職中には行かれなかった。夫が昨年定年退職し、早速“花の山”大台ヶ原を存分に楽しめる時期に行くことにした。大台ヶ原で一番見応えがある花と言えばシャクナゲ(ツクシシャクナゲ)である。花期は平年5月下旬から6月上旬で、6月に入るとアケボノツツジ、そしてシロヤシオ(ゴヨウツツジ)も咲き出す。ということは、5月の終わりから6月初めに行けば、この代表的な3種類の花が見られるかもしれないわけだ。で例によって、ネットウォッチで大台ヶ原のリアル情報をチェックしていたのだが、5月最終週にポツポツと外せない予定が入ってしまい、シャクナゲの方は諦めてシロヤシオの見頃に望みを繋ぐことにした。

 大台ヶ原の登山ハイキングコースは、東大台(東エリア)と西大台(西エリア)に分けられている。せっかく行くのだからポピュラーな東大台の周遊コースだけではなく、原始の森の雰囲気を残す西大台も歩きたいと思った。手持ちのガイドブックに掲載されているコースも、西大台内を歩き山麓の温泉宿へと下山するものだった。このコースは今の私たちにはきつそうだし、麓の温泉が休業中だったりでボツとしたが、西大台を周遊するコースもあるようだ。大台ヶ原駐車場にある宿泊施設を利用すれば2日間大台ヶ原を堪能できる。

 ところが現在は西大台への入山は申請が必要になり(入山料も有り)、入山前日に簡単なレクチャーを受ける義務もある。申請は3ヶ月前からOKということだが、申請、入山料の振り込み、認定証の受け取りと時間がかかり、天気予報や花の咲き具合をギリギリ確かめてから予約したいのであれば無理である。ということで、東大台周遊コースのみとした。

 所要3時間半から4時間の東大台周遊コースを歩くだけなら、大台ヶ原駐車場にある宿泊施設に宿泊する必要はない。しかし登山口までのアクセスに便利な宿泊施設が見つからない。そんなときネットで知り合った友人の睦月さんご夫妻(サイト:のろのろ風風)が大台ヶ原に行っていた事を思い出し、あらためて山行記録(下記リンク参照)を閲覧してみたら、条件にぴったりな旅館に泊まられているではないか!きちんとリンクを貼ってあるので大助かり。直ちにその「ホテル杉の湯」にアクセスして予約。しかもホテル前に地元タクシーが常時待機とは有難い!
 睦月さんは帰りがけに奈良大和路の長谷寺に観光参拝されていて、それもパクらせていただくことにした(笑)

大台ケ原山 / のろのろ風風 »

大台ヶ原山登山 (1)

登山口までのアクセス

 東大台周遊コースの所要標準時間は3時間30分。しかし私たちの足で花を見ながらゆっくり歩けば、休憩時間を含めた行動時間は最低5時間必要だ。近鉄大和上市駅から大台ヶ原行きの路線バスは、夏山シーズンには増便されるようだが、それ以外のシーズンは便数が極めて少ない。この日の条件では、ホテル杉の湯から乗車(9:25)して大台ヶ原には11時前に着き、下山して乗る下り便は大台ヶ原発15時30分のみ。これでは帰りのバスに間に合いそうにない。タクシー代は必要経費と割り切る私たちでも、この距離をタクシー利用となると、少し考えざるを得なかった。登山口の宿泊施設に泊まれば2人分の宿泊料金がかかり、しかも翌日の下りバスは午後1便しかないため時間が無駄になる。往きだけでもタクシー利用はやむを得まい。前日のうちにホテル杉の湯前に待機中のタクシーを朝8時出発で予約しておいた。

川上タクシー »

 余談だが、ホテルにチェックインのとき朝食時間は7時30分からと告げられた。なるべく早く出発したいので7時にならないかとお願いして、特別に早くしてもらった。実はこの際に、「以前友人(睦月さん)が宿泊したときは朝食時間を7時にして貰えた」と聞いている、との一押しが、大いに功を奏したようである(笑)

 このとき台風が太平洋上を通過中で、京都経由で奥吉野に入った前日はまだ天気が不安定だった。しかし台風が紀伊半島から離れた今朝は、天気はどんどん快復してきていた。タクシーでのドライブが楽しい。大台ヶ原に近づくと車窓からは、新緑の大台の森と大峰連山のパノラマ。山に山がどこまでも連なり、まさしく「山また山」の展望、まるで山並みの海原だ。こんな山奥まで車で来られるなんて…。

 大台ヶ原ドライブウェイは前年秋の台風12号による土砂崩れで一部が通行止めになっていて(その後8月に開通)、その区間は迂回路を通行する。ホテル杉の湯から大台ヶ原までのタクシー料金は、通常13000円くらいとのことだが、迂回路通行により若干高くなり14000円になった。

標準コースタイム 約3時間45分

大台ヶ原駐車場 --30分-- 正木峠(展望台)--10分-- 日出ヶ岳 --(正木嶺)30分-- 正木ヶ原 --10分-- 尾鷲辻 --15分-- 牛石ヶ原 --(大蛇嵓分岐)25分-- 大蛇嵓--20分-- 大蛇嵓分岐 --40分-- シオカラ谷吊橋 --45分-- 大台ヶ原駐車場

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
大台ヶ原ビジターセンター
大台ヶ原ビジターセンター
東大台登山口
東大台登山口

〔9:25〕大台ヶ原駐車場出発:タクシーは9時過ぎに大台ヶ原駐車場に到着した。平日なので駐車場はがら空きだった。ビジターセンターに登山届を提出し、建物脇の東大台登山口から歩き出した。

歩き始めの歩道
歩き始めの歩道
新緑が美しい
新緑が美しい

 しばらくは整備された歩道を行く。年間を通して多雨な大台ヶ原の、豊富な水に育まれた森の緑が美しい。遊歩道脇の苔むした岩の間からは、湧水が流れている。


登山データ

日出ヶ岳:標高 1695m

場所 奈良県


アクセス

近鉄大和上市駅から奈良交通バス約1時間20分

湯盛温泉から登山口までタクシー利用


山行日 2012/06/06

天気 曇りときどき晴れ

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP