鬼面山 (5)

新野地温泉 相模屋旅館

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

館内(2階)の浴場

館内男性用内湯 / 相模屋旅館
館内男性用内湯

 温泉は青みがかった濁り湯のかけ流しだ。温度が高いため加水している。白濁した典型的な硫黄泉だが、入ってみると硫黄臭はあまり強くなく、肌への刺激もさほど強くなくてピリピリしない柔らかな湯だった。新野地温泉の源泉は、地面の噴気孔から噴出する噴気(温泉成分が含まれた蒸気)を冷ましたり真水と混ぜて作られた「噴気泉」(下記参照)だからである。

※ 噴気泉について:自然に湧き出したり地下から汲み上げたりするものだけではなく、地熱が高いために源泉が蒸気となって噴出していまう場所では、上記のように加工して「噴気泉」として利用している温泉地が結構ある。別府温泉も噴気泉だそうである。最近では箱根山での噴火警戒レベル引き上げがきっかけとなり、箱根の大涌谷温泉がこの噴気泉であること、そして「噴気泉」という利用形態自体も一般にも知られるようになってきたようだ。成分や温度は温泉としての条件を満たしているし、地中で温泉成分が水と混じり温泉となったか、ガス状の温泉成分を人工的に温泉にしているかの違いだけである。

 館内2階にある内湯は檜造りで、シャワー兼備の水栓がある洗い場があるのはこちらの内湯だけである。日帰り入浴利用客は利用できないので、昼間も空いていた。

 女性用の内湯にはテラス状の露天風呂もある(男性用にはない)。浴槽が屋外の野天風呂より広くしかも鬼面山を眺めながら浸かれる。下山後に登った山を眺めながら温泉で癒されるという、最高のひとときを味わった。ちなみに内湯からも脱衣所からも出入りできるので、露天風呂では眼鏡をかけたい私にとっては便利この上なし(^^)

館内女性用内湯 / 相模屋旅館
館内女性用内湯
館内女性用露天風呂 / 相模屋旅館
館内女性用露天風呂

野天風呂(屋外)

湯小屋への連絡通路 / 相模屋旅館
湯小屋への連絡通路
湯小屋の女性用内湯 / 相模屋旅館
湯小屋の女性用内湯

 相模屋旅館の一番の魅力は、湯治場の雰囲気を残す湯小屋と野趣に富んだ野天風呂だろう。本館は鉄筋コンクリート建築だが、湯小屋と連絡通路は本館を改築する以前の木造のままである。

 急な階段の連絡通路を下りていくと、昔のままの内湯がある。こちらの内湯には水道栓もなく浴槽だけである。夫の話では男性用の浴槽は深いとか。

野天風呂への木道 / 相模屋旅館
野天風呂への木道
野天風呂への木道 / 相模屋旅館
野天風呂への木道

 建物の裏手に野天風呂がある。湯小屋から外に出る扉を開けると、地面から幾つもの噴気がもくもくと吹き上げている、温泉の原風景のような景色が広がっている。原木をあまり加工せずに利用した歩道がさらに野趣味を増している。手前の高台には女性用の露天風呂、男性用はさらに先。

男性用野天風呂 / 相模屋旅館
男性用野天風呂
女性用野天風呂 / 相模屋旅館
女性用野天風呂

 野天の露天風呂は男性用も女性用も小さくはないがそれほど大きくないので、日帰り入浴客が多い場合はどうかな、という感じ。今回は一人占めだったので気持ちよく利用した。女性用の露天風呂は少し高台にあるので安心だが、鬼面山は手前の裏山の木立に隠されて見えない。

 宿泊中の2日間ともに風があるので、内湯が遠い露天風呂はお湯から出たときの寒さが辛かった。また星空を眺めながらの温泉浴を楽しみにしていたが、2晩とも曇っていたので今回は叶わなかった。

夕陽が当る鬼面山
夕陽が当る鬼面山

 湯小屋から部屋に戻るため玄関ロビーへと通じる通路を歩いていたら、窓から見える鬼面山に夕陽が当り紅葉が照り映えていた。スッパリと切れ落ちた断崖もくっきりと見えて、なかなかの眺めだった。思わずガラス窓を開けて鬼面山の雄姿をカメラに収めた。

 相模屋旅館は客室の掃除やサービス全般は不満はなかった。夕食の料理はとにかく品数が多くて食べきれなかった。数え切れないくらいの山宿に宿泊している私たちだが、この宿の夕食は品数が多すぎ。献立は普通の山宿の定番で、味も可もなく不可もなくという感じである。品数は減らしてもう少し工夫したメニューを作るか、素材をレベルアップしたほうが良いのにと思う。


登山データ

標高 鬼面山:1482m

場所 福島県


アクセス

JR福島駅から磐梯吾妻スカイライン定期バス65分新野地温泉(相模屋旅館宿泊の場合無料送迎あり)


山行日 2015/10/07

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP