余計な前書き 箱根山地はカルデラ湖である芦ノ湖と中央火口丘である駒ガ岳、神山を取り巻くようにして外輪山の山々が連なっている。主なピークは西から三国山、丸岳、金時山、明神ガ岳・明星ヶ岳、塔ノ峰である。外輪山の稜線はハイキングコースが整備されていて、ぐるっと繋げて歩くのも、日程に合わせて各コースを組み合わせたりも自由自在である。過去に日帰り、温泉泊まりなどで箱根山地を歩いてきた私たちだが、この外輪山にはまだ未踏のコースがあった。そこで久しぶりに登る明神ヶ岳・明星ヶ岳を併せて3泊4日で歩くことにした。厳密に言えば「縦走」ではないが、既に歩いたコースとあわせれば箱根外輪山制覇ということになる。

《過去に歩いたコースの山行記録》

三国山コース1998年1月 »

金時山コース2001年12月 »

丸岳 (1)

1日目 1月4日 / 快晴だが強風が吹き荒れる

標準コースタイム 約4時間10分

乙女峠登山口 --40分-- 乙女峠 --35分-- 丸岳 --30分-- 長尾峠 --1時間5分-- 芦ノ湖展望公園 --30分-- 湖尻峠 --15分-- 深良水門 --20分-- 湖尻水門 --15分-- 桃源台

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。

※ GPSログによる足跡ではありません。

 箱根外輪山の全体地図は、下のリンクボタンで同じウインドウで開きます。地図中での今回の山行ルートは赤線の丸岳コース(1月4日山行)、ピンク色の線の明神ヶ岳(1月5日山行)、オレンジ色の線の明星ヶ岳・塔ノ峰(1月6日山行)です。ブルーの線の三国山コース(1998年1月山行)と青線の金時山コース(2001年12月山行)は過去の山行ルートです。

※ レポートに戻るときはブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」で戻ってください

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
乙女峠登山口入り口
乙女峠登山口入り口
説明看板
説明看板

〔9:30〕乙女峠登山口:電車が御殿場駅に到着した時間に合わせたバスがないので、登山口までタクシーを利用した。乙女トンネル手前の乙女登山口から登る。登山口の駐車場には既に数台の駐車があり、金時山の人気をうかがい知る。スパッツの装着などの支度中、冷たい風が寒かった。

 登山道には積雪があるが、始めのうちはさほどの急登ではないので歩きやすい。しかし上部の岩が多い急登になると、前夜に降った雨の影響もあって、つるつるに凍結した箇所が多くなってきた。それでも軽アイゼンをつけずに乙女峠まで登りきった。

乙女峠

乙女峠からの富士山
乙女峠からの富士山
富士山にズームイン
富士山にズームイン

〔10:30~11:30〕乙女峠:乙女峠三度目の正直、雲ひとつない快晴の空に富士山が文句なく雄大だった。

 高台にベンチとテーブルが置かれているこの場所は、陽射しがふりそそぐのだが風の通り道だった。おまけにぬかるみなので、寒さと泥汚れでアイゼン装着がはかどらない。そこへ金時山から下山してきたグループがやって来た。

 彼らのうちの一人が富士山をバックに写真を撮ってもらっている。「ハイ、ポーズ」「コシヒカリ!」そして「命!」。

 えっ!もしやネット仲間のROCKYさん?でもトレードマークのカーボーイハットがないし…。ベンチに置かれているザックに「にこにこ山仲間」の目印とペコちゃんがつけられているのを確認し、ROCKYさん(サイト:青空の下で遊ぼう!)と確信する。目を合わせながら彼がベンチに戻るのを待つと、ROCKYさんが「なんだかコッチを意識してるぞ」と思っているのが表情から見て取れる(笑)

 ここは声を掛けなくちゃ。案の定ROCKYさん&奥さんのMISAさんとそのご一行様だったので、初対面なのに初対面ともいえないヘンな挨拶と会話を交わすことになった。初めての山でのネット仲間との遭遇にちょっと興奮。

丸岳へ
丸岳へ
ブナやヒメシャラの樹林
ブナやヒメシャラの樹林

 乙女峠から丸岳へのコースは金時山と比べ登る人も少ないので、雪の上の踏み跡もあまりなくなった。前夜の大雨の跡がポツポツついていたりする。なだらかな登りなので試しにアイゼンを外してみたらツルツル滑る。次第にブナやヒメシャラの樹林と笹の中の急登になり、尾根上に上がると展望が開けた。山頂直下の無線中継所辺りからの富士山が素晴らしい。富士山後方に南アルプス、そして丹沢の山並み。

丸岳山頂

〔11:55~12:00〕丸岳山頂:山頂からは翌日登る明神・明星ヶ岳の稜線と眼下に芦ノ湖と仙石原、駒ケ岳・神山…と箱根が一望できる。しかしこの頃から風の強さは勢いを増し、立っているのもやっとという状態になった。

丸岳山頂 説明看板
丸岳山頂 説明看板
明神・明星ヶ岳
明神・明星ヶ岳
丹沢の展望
丹沢の展望
神山と芦ノ湖
神山と芦ノ湖

 山頂にはベンチが設置され、風さえなければ展望を楽しみながらのランチとなるはずだったが、写真撮影だけでそそくさと下山にかかる。風が轟々と恐ろしいまでのうなりをあげている。登山道両脇のハコネダケが波を打つ。

 山頂からの急な階段には鎖もついていて、積雪も消えたのでアイゼンを外して下りた。

長尾峠
長尾峠
茶店「見晴亭」
茶店「見晴亭」

〔12:35~13:30〕長尾峠(~12:50見晴茶屋(昼食)13:20~):長尾峠まで下りても強風は相変わらずで、座って昼食のラーメンを作るどころではない。長尾峠から10分ほど仙石原方面に下りると、見晴亭という茶店があるので行ってみることにした。急な坂をずいぶん下りたように感じて後悔してきた頃、下に車道と茶店が見えた。芦ノ湖を眼下にした展望抜群の茶店で食事した後、心地よい暖かいストーブに後ろ髪引かれつつ、再び稜線に登り返した。


登山データ

標高 丸岳:1156m

場所 神奈川県箱根


アクセス

JR御殿場線御殿場駅バス15分乙女峠登山口(タクシー¥2780)


山行日 2003/01/04

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP