余計な前書き 9月の敬老の日の祝日が連休になっても、今まではどの山に行こうか迷うことが多かった。9月半ばでは、標高がある山でさえ秋山とも言えず、中途半端なシーズンだったからである。今年から敬老の日と秋分の日の祝日が合体し、巡り合わせ次第では大型連休、通称シルバーウィークになることになった。ETC割引導入の影響もあるので計画は早めにしておいた方が良さそう…ということで、8月に入ってすぐに磐梯山行きを決め、宿泊の手配も済ませておいた。

 登りは一番楽な八方台登山口からにした。私たちが山歩きを始めて少し経った頃、磐梯山登山を計画したことがある。猪苗代からの表登山道コースにしろ裏磐梯からのコースにしろ、私たちには日帰り登山をする自信がなく、当時はまだ営業していた八方台の「中ノ湯」に宿泊して登る計画を立てた。このときは結局行かなかった。そのうちに中ノ湯は休業し、ついには廃業してしまった。そして2007年2月にスノーシューで裏磐梯を訪れ、そのとき磐梯山に登りたいという気持ちが再び高まったのだった。

2007年の裏磐梯でスノーシューイング »

猪苗代駅付近から見た“表”磐梯山
猪苗代駅付近から見た“表”磐梯山

 2007年2月に利用した裏磐梯猫魔ホテルは、八方台登山口への便が良いので再び宿泊することにした。宿泊客なら利用できる東京からの直通シャトルバスは、片道2500円という破格の料金なので利用しない手はない。渋滞がかなり心配ではあったが、この日は泊まるだけなので、夜までに到着すれば良い。当日バスは案の定大渋滞の東北自動車道を避けて、常磐自動車道を行き、途中までは若干渋滞したが思ったより早く、予定時刻の2時間弱の遅れ程度でホテルに到着した。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

9月20日

猫魔ホテル前から見える磐梯山
猫魔ホテル前から見える磐梯山

 ホテルのチェックイン後、好天なので付近を散策することにした。ホテル前から見える磐梯山は前回は雪雲に姿を隠していたが、この日はよく見えて、翌日の登山の期待が高まった。直通シャトルバスが猪苗代を行くときに見た表磐梯の山容とは、同じ山とは思えない裏磐梯の荒々しい姿である。

 車道に出て夫が前回と同じ方向へと歩こうとするのを制止して、私は人で賑わう物産館を指さした。何故なら「五色沼入り口」の看板が目に入ったからである。

桧原湖周遊レトロバス「森のくまさん」
裏磐梯高原バス停に停車中の
桧原湖周遊レトロバス「森のくまさん」

 猫魔ホテルと五色沼遊歩道は離れていると思い込んでいて、スノーシューのレポートにも『ツアーに参加しなければ猫魔ホテルから裏磐梯高原駅バス停まで歩き、五色沼遊歩道をスノーシューで歩いた後五色沼入り口バス停から路線バスで裏磐梯高原駅バス停まで戻るということになる』と書いていたのだが、実は裏磐梯高原バス停は猫魔ホテルのすぐ傍だったのだ。

 冬景色とでは印象が変わるが、記憶を辿れば、スノーシューツアーはバス停向かいの物産館脇から歩き始めたのに間違いない。集合場所がロイヤルホテルだったので仕方ないとはいえ、時間的にはかなり無駄なことをしていた訳だった(笑)

五色沼

 というわけで、物産館の中を抜けると五色沼遊歩道の散策路入り口がある。奥の毘沙門沼まで歩いて戻ってくる時間はないので、途中まで歩くことにした。

 しかしそろそろ夕方というのに、散策している人の多さには驚いた。町中の繁華街並みだ。向こうから歩いてくるカップルの、女性の足元はハイヒールのサンダル。やはりここは繁華街だったか…(笑)

青沼
青沼
るり沼と磐梯山
るり沼と磐梯山

 それでも明るい陽差しの下での散策は楽しい。青沼は神秘的な青緑色が一層美しく、白銀の季節での景色とはまた違って見えた。群青の水面のるり沼では、向こうに磐梯山が西日に染まりそびえている。短い散策を堪能してホテルへ戻った。

裏磐梯猫魔ホテル

 前回宿泊したときには、ホテル側の事情(予約したスタンダードツインの部屋が空いていなくて、代替にデラックススイートの部屋を用意してくれた。もちろんスタンダードツイン料金で。)で良い思いをしてしまったが、今回はそのような幸運はなくて、予約したままの和室の客室だった(笑) しかしこのホテルは施設やお料理の水準に比して料金設定がリーズナブルなので、何度も利用したいホテルである。

温泉について

 大浴場(内湯)の大きなお風呂は沸かし湯ではなく、10%の温泉投入があるらしい。ただしやはり源泉掛け流しの小さな浴槽が良い。また前回は真冬だったので露天風呂は寒くて、しかも雪という天気のため景色の印象が薄く、思い出が全く残っていない。ところが今回入ってみたら、鉄分が酸化した明るい褐色の濁り湯で、しかも目の前に桧原湖が見下ろせる素晴らしい露天風呂なのだった。五色沼散策から帰り、桧原湖の夕暮れを見ながら浸かる贅沢なひとときが忘れられない。

※ 今回は宿泊客が多くてお風呂の撮影は不可能でした。

《追記》 宿泊当時は「裏磐梯猫魔ホテル」だったが、その後「星野リゾート 裏磐梯ホテル」になっている。

星野リゾート 裏磐梯ホテル »


磐梯山 (1)

標準コースタイム 往復 約4時間40分

八方台登山口 --30分-- 中ノ湯跡 --1時間15分-- 弘法清水小屋 --25分-- 磐梯山山頂 --2時間30分-- 翁島口登山口

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップを作成しています。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで、同じウインドウで開きます。レポートに戻るときはブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」で戻ってください

9月21日 晴れ

 猫魔ホテルから八方台登山口までの路線バスがないので、タクシーを利用するしかない。大型連休中の観光地なので、出発前に裏磐梯高原にあるタクシー営業所に電話を入れて予約しておいた。タクシーが進む磐梯山ゴールドラインはだんだん道幅が狭くなり、近年八方台登山口からの登山者が増加しても路線バスが運行されない理由がわかった。ホテルから登山口までたったの10分で到着したが、有料道路料金730円を含めて3400円也。登山口の駐車場は既に満車の様子。

八方台登山口
八方台登山口
ブナ林の道を緩やかに登る
ブナ林の道を緩やかに登る

〔8:10〕出発:八方台登山口の標高は1194mなので標高差600m強、約2時間の登りである。休憩を入れても11時頃には山頂に立てそうだ。登り始めはブナ林の中の広くて傾斜が緩い道を行く。ちょうどウォーミングアップになって良い。

中ノ湯跡
中ノ湯跡

〔8:40~8:45〕中ノ湯跡:やがて硫黄の臭いがしてきて、中ノ湯跡が近いことを知る。廃墟になった中ノ湯温泉と、湯畑のような池がある。泊まっていたかもしれない温泉旅館が荒れたままの様子は悲しい。仮に再建されれば泊まってみたいと思った。

 身体も温まり、服装の調整をしてこの先からの本格的な登りに備えた。

エゾリンドウ
エゾリンドウ
林の中を登る
林の中を登る

 本格的な登りの前にいったん木道歩きがある。木道の脇にたくさん咲くエゾリンドウの色に目を奪われた。そして本当の登りが始まる。だんだん急になるが、何度か展望ポイントがあり、その都度眺めを楽しむために一息つけるのがうれしい。

桧原湖と右奥に西吾妻山
桧原湖と右奥に西吾妻山
桧原湖・飯豊山・月山の眺め
桧原湖・飯豊山・月山の眺め

 桧原湖を見下ろすようになり、桧原湖の手前の樹林に目を凝らすと点在する五色沼も見える。独特の色をした青沼は小さくても見分けやすい。西吾妻山と連なる東吾妻山、そして万年雪を抱いた飯豊の山々、遠く月山の頂まで見えた。


登山データ

磐梯山 標高:1819m

場所 福島県


アクセス

JR磐越西線猪苗代駅からバス約30分裏磐梯高原


山行日 2009/09/21

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP