フランス・アルプス シャモニー (1)

ラックブラン小屋に泊まる

8月4日のコース
ホテル → プランプラ →(テレキャビン)→ ブレバンブレバン展望台(RWでブレバン山頂往復)→ プランプラ→(トレッキング約45分)→ シャノーラン →(トレッキング約1時間)→ フレジェール →(トレッキング約2時間)→ ラックブラン(泊)

 8月4日から5日にかけてシャモニーの山小屋ラックブラン小屋へのトレッキング。モンブラン山群を見ながら、1日目約4時間、2日目2時間のコースです。

 ホテルを出発してロープウェイ駅へ。途中のスーパーマーケットでランチ用の食料を買い物します。パン、ハム、バナナ、トマト、そして水とジュース。果物も1個から買えるのでありがたいです。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
ブレバン展望台から望むモンブラン
ブレバン展望台から望むモンブラン

 ロープウェイでブレバン山の展望台へ。観光後プランプラからハイキング開始です。

お花畑の花
お花畑の花
アルペンローゼ
アルペンローゼ

 途中の草原でピクニックランチをしました。草原一面お花畑で踏み込むのは躊躇われます。日本の場合なら柵やロープで保護されていそう…。

La Verte(4122m)とLes Prus(3754m)
La Verte (4122m) と Les Prus (3754m)

 天気が良くモンブランがずっと見えました。日差しが強く暑いです。前夜22時にホテルに到着し、ルームサービスの夕食やパッキングで就寝は午前1時半過ぎ。睡眠不足と時差ボケがたたって、フレジェールを過ぎた辺りから体調に不安が…。

 岩場をトラーバースしながら登る箇所は堪えました。休憩中に目を閉じて横たわっていると、カウベルを付けた子牛が近寄ってきました。

ラックブラン / Lac Blanc

 ラックブラン小屋はラックブラン(ラック=湖、ブラン=白い)の岸辺に建っています。2階建ての山小屋で、2段ベッドで5~6人収容の小部屋が数部屋ありました。シャワー室もありトイレは屋外の棟で水洗。夕食、朝食共にボリューム満点でした。デザートの洋梨のチョコレートかけの甘さが疲れを癒しました。朝食の特徴はお代り自由のココアで、カップではなく小振りのサラダボウルのような大きめの器でいただきます。シャモニー在住の日本人マウンテンガイド氏によると、フランスの朝食の定番はカフェオレではなくココアで、呼び方も「チョコレート」だそうです。

ラックブラン小屋の夜明け
曙に染まるグランドジョラス
曙に染まるグランドジョラス

 ラックブラン小屋での夜明けの光景の素晴らしさに、ツアーのメンバー7人誰もが興奮して写真を撮りまくりました。イタリア側のグランドジョラスから曙に染まり、最後に真っ白なモンブランがバラ色に輝く。それが小屋の前のラックブラン(白い湖)に映る……。声も出ないほどの美しさでした。湖畔の岩場には野生の鹿の親子がいました。

夜明けのラックブランとモンブラン
夜明けのラックブランとモンブラン
湖に投影するモンブラン
湖に投影するモンブラン

 ラックブラン小屋側から撮影。写真左手にあるのは倉庫です。


8月5日のコース
ラックブラン小屋 →(トレッキング約15分)→ シェズリー湖 →(トレッキング約1時間45分)→ フレジェール →(ロープウェイ)→ レ・プラ→(定期バス)→ シャモニー

シェズリー湖

シェズリー湖付近のお花畑
シェズリー湖付近のお花畑
シェズリー湖付近のお花畑
シェズリー湖付近のお花畑
シェズリー湖
シェズリー湖

 シェズリー湖付近のお花畑は素晴らしく、思わず歓声を上げました。アルペンムーンデイジー、紫色のグロッケンブルーメ、アルペンローゼ、リンドウに似ている花、タウベンクロプフなどが咲き乱れています。お花畑と湖、湖に映るモンブラン、最高です!

シャクナゲ
シャクナゲ
モンブランをバックに
モンブランをバックに

 シェズリー湖から約2時間かけてのハイキングは、天気にも恵まれてモンブランの絶景を堪能しました。フレジェールからロープウェイでレ・プラの街に下ります。

レ・プラ / Les Praz

ドリュの峰を背にした教会 / レ・プラ
ドリュの峰を背にした教会 / レ・プラ
現地山岳ガイドのソフィーさんと
現地山岳ガイドのソフィーさんと

 レ・プラはドリュの峰を背にした教会の風景で有名です。2日間お世話になった現地山岳ガイドのソフィーさんと共に記念スナップ。彼女は英語を話せるので、会話も多少(?)楽しみました。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2