グレッソネイとアヤス観光 (1)

7月10日

 この日はグレッソネイ・ラ・トリニテを離れ、山を隔てた隣の谷アヤスの集落を散策し、更にまたその隣の一番奥の街チェルヴィニアに移動する。

 ヴァッレ・ダオスタは中央を東西に走る谷があり、その谷からも南北に幾つもの谷がある。喩えれば「魚の骨」である…というのはツアーリーダーの説明の受け売り(^^ゞ で、隣の谷といっても間には標高3000m前後の山々が連なっているわけで、越えて行かれるわけがない。「魚の背骨」の幹線道路まで出てから、隣の谷筋を遡って行くのである。

 グレッソネイ・ラ・トリニテのホテルを専用車で8時50分出発。 前々日夕刻に訪れたが“逆さモンテ・ローザ”を見損なった、グレッソネイ・サイント・ジェアンにあるゴーヴェル湖に寄っていく。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

ゴーヴェル湖 / Lago Gover

 雲ひとつない快晴の朝、9時過ぎに着いた私たちをモンテ・ローザは非の打ち所がない美しい姿で迎えてくれた。一昨日は日曜日の夕方で賑わっていた湖畔も、平日の朝のこの日は散策する人もなく静まりかえっていた。風もなく湖の水面は鏡となって、完璧なモンテローザを映り込ませている。

湖手前の草原からモンテ・ローザ / Lago Gover
湖手前の草原からモンテ・ローザ
ズームインでモンテ・ローザ / Lago Gover
ズームインでモンテ・ローザ
逆さモンテ・ローザ / Lago Gover
ゴーヴェル湖に逆さモンテ・ローザ

 絵のような景色に何度カメラを向けたことか。……だけど、モンテ・ローザの景観にちょうどかかってしまう、両脇の山の間に張ってある電線はなんとかなりませんかねぇ(笑) (グラフィックソフトで消しました)

ゴーヴェル湖付近から望むサヴォイア城
ゴーヴェル湖付近から望むサヴォイア城

 ゴーヴェル湖は19世紀のイタリア王女(サヴォイア家)マルゲリータが愛し散策した湖である。王女マルゲリータはグレッソネイを避暑地とし、滞在中はハイキングをよくしたとか。湖からの帰路、高台に建つサボイア城が見えていた。いったん車に戻り、そのサボイア城に向かった。

サヴォイア城 / Castello Savoia

サヴォイア城 / Castello Savoia
サヴォイア城
サヴォイア城 / Castello Savoia
サヴォイア城

 サヴォイア城は王女マルゲリータがモンテ・ローザを眺めるために建てた城である。1894年に建設されたお城なので、歴史的価値よりその美しい景観が見所である。

高山植物園とモンテ・ローザ / Castello Savoia
高山植物園とモンテ・ローザ
サヴォイア城正面 / Castello Savoia
サヴォイア城正面

 城の前庭が高山植物園になっていて、花壇の間の小道を散策しつつ眺めるお城と花の景観、振り返って眺めるモンテ・ローザを楽しんだ。城内部も見学できるが、開館時間前でできなかった。

 実はこのツアーのスケジュールにはサヴォイア城観光は入っていなかった。ある参加メンバーがツアーリーダーに強くプッシュして実現した。観光に関しては何も予備知識を得ないでやってきた私たちには、たまたまそういう積極的な人が参加メンバーのなかにいてラッキー♪だった。

移動中の車窓から見えたヴェレス城
移動中の車窓から見えたヴェレス城

 再び車に乗りアヤス谷に向かった。ヴァッレ・ダオスタをドライブしていると古い山城をよく見かける。車窓から撮影した写真を帰国して調べたら、ヴェレス城だった。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP